八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ライドシェア」の検索結果は以下のとおりです。

7月中にライドシェア 石垣版、遊休タクシー活用

3者合同で石垣版ライドシェア事業の実施を発表した。タクシーの写真はライドシェア車両のイメージ=22日午前、沖縄総合事務局3者合同で石垣版ライドシェア事業の実施を発表した。タクシーの写真はライドシェア車両のイメージ=22日午前、沖縄総合事務局
石垣版、遊休タクシー活用
 【那覇】遊休タクシーを使って一般ドライバーが有償で運送サービスを展開する石垣版ライドシェア開始に向け22日午前、石垣市、沖縄県ハイヤー・タクシー協会(東江一成会長)、沖縄総合事務局の3者が沖総局で会見し、7月中の実施を目指すと発表した。  ライドシェアはタクシーのドライバー不足を背景に、交通サービスの持続可能性と移動の質向上を図る観点から、公共交通を補完する新たな仕組み。  石垣版ライ...
本文を読む

一般運転手を短時間雇用 石垣版ライドシェア

石垣版 ライドシェアモデル構築事業概要石垣版 ライドシェアモデル構築事業概要
今夏から タクシー不足時間帯解消へ
 石垣市は、普通自動車第1種運転免許を持つ一般ドライバーが一時的に空いているタクシーを使用して乗客を目的地まで有償運送する石垣版ライドシェアモデル構築事業を今夏から始める。一般ドライバーを乗務員として短時間雇用することでタクシーが不足する時間帯を解消したい考え。当初はことし4月開始を目指していたが、後ろ倒しになった。  アフターコロナで外国人など観光需要が回復する中、全国的にタクシーが捕まり...
本文を読む

4月スタートは困難 石垣版ライドシェア

4月スタートが困難となっている石垣版ライドシェア=3月30日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル4月スタートが困難となっている石垣版ライドシェア=3月30日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル
国作業遅れ、自家用車活用も模索
 石垣市が進めている石垣版ライドシェアは、当初予定していた4月スタートが困難な情勢となっている。国が指定する規制緩和の対象にいまだなっていないことが大きな要因で、今後の動向も不透明だ。市は「自家用を活用する日本版ライドシェアの導入も検討する」としているが、沖縄県ハイヤー・タクシー協会八重山支部などは、自家用車の利用には以前から難色を示している。事業者の協力が得られない中での実現は難しい。  ...
本文を読む

石垣版ライドシェア

タクシー不足で長蛇の列。強い日差しの中、長い時間待たされる客もいた=2023年5月3日午前、南ぬ浜町のクルーズ岸壁タクシー不足で長蛇の列。強い日差しの中、長い時間待たされる客もいた=2023年5月3日午前、南ぬ浜町のクルーズ岸壁
4月からの運用開始目指す 実現には課題解決も
 インバウンドが復活する中、石垣市内の二次交通の不足を解消しようと市は5日、石垣版ライドシェアを進めていくことを表明した。タクシー会社が所有し、ドライバー不足から使われていない遊休車両を普通免許を持つ一般ドライバーが運行するもので、現在、国が進める自家用車を利用する日本版ライドシェアとは異なる。中山義隆市長は「政府やタクシー業界と緊密に連携し、4月からの運用開始に向け、雇用者の確保や必要な手続き...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム