八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

キビ交付金、対象外恐れ 長雨影響、期限内収穫難しく

つかの間の晴れ間にハーベスターでの刈り取りが進められるサトウキビ畑=18日午後、宮良地区つかの間の晴れ間にハーベスターでの刈り取りが進められるサトウキビ畑=18日午後、宮良地区
石糖、刈り取り急ぐ
 5月に入ってからの長雨の影響で石垣島内のサトウキビの刈り取りが進まず、国から生産者に支払われる交付金の期限となっている5月31日までに作業が終わらない可能性が高くなっていることが18日、分かった。石垣島製糖(松林豊社長)によると今後、毎日搬入があったとしても千㌧から2千㌧が期限内に収穫されない恐れも。同社は14日以降、1㌧当たり4200円かかるハーベスター使用料約3800万円を負担して刈り取り...
本文を読む

石垣産牛肉「高い」、県内多数 地元消費増へ対策案

38476.jpg
市消費者調査 商工振興課
 石垣市は、石垣島産牛肉の消費と販路拡大を目的に実施した「消費者意識調査」の結果を公表している。国内調査で価格が高いと感じる人は、観光客よりも地元客の方が多く、特売日などを通して地元での消費増を希望する意見が目立った。アンケートを踏まえ主管する市商工振興課は、島内消費を促進させながら石垣から国外へ直接輸出できる体制を生かした販路の開拓を目指している。  アンケートから、石垣島産牛肉の価格につ...
本文を読む

小浜製糖宿舎が完成 竹富町民、郷友らも利用可

完成した竹富町小浜地域活性化宿泊施設「とぅまーる」=17日午後、小浜完成した竹富町小浜地域活性化宿泊施設「とぅまーる」=17日午後、小浜
地域活性化に期待
 竹富町小浜製糖工場の季節労働者が利用する宿舎「とぅまーる」が完成し、17日に竣工式とセレモニーが行われた。従来使用していた民間の賃貸宿舎から規模を拡充し、40部屋を確保。糖業期以外には地域や町民らが利用できる地域活性化宿泊施設となっている。  建物は鉄骨造平屋建て。面積は733・5平方㍍で工場南側に建設された。男性部屋28室、女性部屋12室、最大40人が宿泊可能。食堂、洗濯室、シャワー室に...
本文を読む

西表環境保全に1000万円

前泊正人町長へ目録を手渡す(公財)イオン環境財団の山本百合子専務理事(中央)ら=16日午後、竹富町役場大会議室前泊正人町長へ目録を手渡す(公財)イオン環境財団の山本百合子専務理事(中央)ら=16日午後、竹富町役場大会議室
イオン環境財団が竹富町へ 「新たな社会のモデルに」
 (公財)イオン環境財団(岡田卓也理事長)は16日、世界自然遺産に登録された西表島の環境保全活動費として竹富町へ1000万円を寄付した。同日午後、町役場石垣庁舎で行われた会見で山本百合子専務理事は「(西表は)自然と人が共存・共栄できる新たな社会のモデルとなる。取り組みを世界へ発信したい」と期待を寄せた。  同財団は県内企業を中心に発足した「世界自然遺産推進共同企業体」に加盟し、登録に向け環境...
本文を読む

今期の本マグロ漁終了 八重山漁協

終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協
水揚げ50㌧、前年比20㌧減
 県はクロマグロ(本マグロ)の採捕数量が前期割当量180・6㌧に達したとして11日に採捕停止命令を発出、これを受け同日、八重山漁協の本マグロ漁が終了した。15日には八漁協で今期最後の水揚げがあり、水揚げ総数は過去最多となった昨年から約20㌧減り、50㌧(232本)だった。このうち10・4㌧(57本)が地元に卸された。  八漁協によると、今期は沖縄本島近海での水揚げが好調で、前半から那覇地区漁...
本文を読む

本紙郡民意識調査 復帰肯定8割

意識調査・円グラフ意識調査・円グラフ
離島格差「ある」9割
 沖縄の日本復帰50年に合わせ、八重山毎日新聞は13日までに郡内の10代以上の住民を対象にウェブとアンケート用紙で意識調査を実施した。沖縄本島との格差(離島格差)に関し「あると思う」、「どちらかと言えばあると思う」との回答が約9割を占めた。ほとんどの郡民が離島格差を感じている状況が浮き彫りとなった。いま気になることについては「医療・福祉」が最も多く、「離島格差」、「所得」と続いた。(10、11面...
本文を読む

〝復帰っ子〟 絆再確認へ 合同祝賀会、あす開催

1972年度生まれ「復帰っ子」の合同祝賀会を企画する実行委員ら=11日、大川1972年度生まれ「復帰っ子」の合同祝賀会を企画する実行委員ら=11日、大川
「次代に歴史伝える役割ある」
 沖縄が本土へ復帰した1972年度に生まれた八重山出身の〝復帰っ子〟が復帰50年の節目と生年生まれを祝う合同祝賀会を復帰記念日前日の14日午後、市内ホテルで開く。準備を進める実行委員会(宮良高彰委員長・13人)は「復帰という言葉の意味や物語、復帰っ子としての絆を再確認する機会にしたい。復帰を次世代の子どもたちへ伝える役割がある」と思いを強くする。 (8面に関連)  本来は一昨年に生年祝い...
本文を読む

仲地さん、準グランプリ 「唐揚げアワード」女性の部で高い評価

「MISS&Mr.KARAAGE AWARD2022」で準グランプリに選ばれた仲地彩未さん=9日午後、「情熱チキン本店」前「MISS&Mr.KARAAGE AWARD2022」で準グランプリに選ばれた仲地彩未さん=9日午後、「情熱チキン本店」前
登野城で専門店経営 調味料に島素材
 唐揚げの魅力を世界中に発信する次世代のエースを発掘することを目的とする「MISS&Mr.KARAAGE AWARD2022 Presented by日本唐揚協会」(同実行委員会主催)で、石垣市登野城で唐揚げ専門店を営む仲地彩未さん(27)がミス準グランプリに輝いた。エントリー総数8000人余りから2位に選ばれた。  同アワードは、ことしで第13回目を迎えた「からあげグランプリ」の一環とし...
本文を読む

黒糖消費拡大に奮闘 JA八重山支店女性部

在庫を切らさないよう黒糖バターの製造に取り組むJAおきなわ八重山支店女性部の皆さん=10日午後、JAおきなわ八重山支店在庫を切らさないよう黒糖バターの製造に取り組むJAおきなわ八重山支店女性部の皆さん=10日午後、JAおきなわ八重山支店
抱えた在庫で商品開発 
 黒糖の消費拡大を目指すJAおきなわ八重山支店女性部(金城美沙江部長)が企画・製造する黒糖バターと「母ちゃんのたれ」が人気を博している。両製品とも小浜島産の黒糖を使用し、新型コロナウイルスのまん延による観光客減などで在庫を抱える黒糖の消費に一役買っている。  2021年に販売を開始した黒糖バターは、ことし2月に行われた日本農業新聞の一村逸品大賞で金賞を受賞しており、審査委員長で漫画家のやくみ...
本文を読む

「観光業にも協力金を」

総決起集会の最後は全員でスローガンを読み上げ。観光業界の団結を図った=10日夕、県庁前総決起集会の最後は全員でスローガンを読み上げ。観光業界の団結を図った=10日夕、県庁前
事業者ら支援求め決起集会
 【那覇】観光事業者を中心に2日発足した「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実現させる会」(金城仁筆頭発起人)は10日夕、県庁前で総決起集会を開き、県や国に対して新型コロナ禍における過去2年間の損失補償として協力金給付を訴えた。  同会は緊急事態宣言や「まん防」措置などの発出で、県が飲食業に1200億円余の時短協力金を支払ったとして、観光業界にも県の渡航自粛や外出自粛...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム