八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「黒島研究所」の検索結果は以下のとおりです。

老朽化で閉館の危機 公的機関に協力訴え

老朽化が著しい黒島研究所。建て替えが急がれている=5日午後、黒島老朽化が著しい黒島研究所。建て替えが急がれている=5日午後、黒島
黒島研究所 47年経過
 【黒島】1970年代からウミガメなどの調査・研究をしているNPO法人日本ウミガメ協議会付属「黒島研究所(若月元樹所長)」が、建物の老朽化で閉館の危機に直面している。施設は1973年の建築から47年が経過し、早期建て替えが急務だが、運営母体の同協議会が非営利団体のため建て替え資金の蓄えがない。研究所によると、10年ほど前から竹富町や公益財団に支援を求めているが色よい返事はなく、若月所長は「このま...
本文を読む

海ガメ協黒島研究所を表彰 社会貢献支援財団

安倍会長から表彰される黒島研究所の若月所長=11月27日、帝国ホテル東京安倍会長から表彰される黒島研究所の若月所長=11月27日、帝国ホテル東京
勉強会通して海洋生物啓発
 社会貢献支援財団(安倍昭恵会長)は11月27日、東京都内の帝国ホテル東京で第49回社会貢献者表彰式典を開催し、全国53の個人と団体を表彰した。郡内から観光客などを対象に「うみがめ勉強会」などを通して海洋生物を啓発している竹富町黒島の日本ウミガメ協議会付属黒島研究所(若月元樹所長)が表彰を受けた。  黒島研究所は2011年の東日本大震災直後に観光客が激減した際、「観光客を呼び戻してほしい」と...
本文を読む

26の国・地域から来訪

2015年に26の国・地域から外国人観光客が訪れた黒島研究所。来訪者の国旗を掲示している2015年に26の国・地域から外国人観光客が訪れた黒島研究所。来訪者の国旗を掲示している
黒島研究所が15年観光客を調査
 【黒島】2015年に黒島研究所(若月元樹所長)を見学に訪れた約1万人の観光客のうち、海外からは26の国・地域から訪れた。展示の解説文に英語を加える作業を行うことに関連して、英語圏からどれぐらいの観光客が来ているか把握しようと昨年1月1日から見学者に尋ねて調べたもので、当初は10カ国程度と予測。調査の結果、フランスが圧倒的に多かったことから、フランス語の表記も検討している。  若月所長は「フ...
本文を読む

タイマイ、屋久島付近で確認 3年前に黒島で放流

黒島で放流された後、屋久島付近の海で発見されたタイマイ(中村圭祐さん撮影)黒島で放流された後、屋久島付近の海で発見されたタイマイ(中村圭祐さん撮影)
名古屋港水族館と黒島研究所 「生態解明へ大きな一歩」
 2012年5月に竹富町黒島で放流したタイマイ38頭のうちの1頭が今月19日、鹿児島県屋久島付近の海を泳いでいることが確認された。放流は名古屋港水族館(日登弘館長)と黒島研究所(若月元樹所長)の共同研究「タイマイ野生復帰プロジェクト」で行われたもので、今回の確認について同水族館は「タイマイの今後の生態解明に大きな一歩となる」、同研究所は「タイマイが自然に産卵できる環境を維持することも大切」とそれ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム