八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「黒島家畜市場」の検索結果は以下のとおりです。

12~14万円下落 20年子牛平均価格

2020年の子牛セリは八重山、黒島ともコロナ禍の煽りを受け平均価格が12~14万円下落した=2020年1月13日、八重山家畜市場の初セリ2020年の子牛セリは八重山、黒島ともコロナ禍の煽りを受け平均価格が12~14万円下落した=2020年1月13日、八重山家畜市場の初セリ
八重山・黒島家畜市場
 JAおきなわが運営する八重山、黒島の両家畜市場で2020年中に取り引きされた子牛の平均価格はそれぞれ59万4157円、57万3856円となったことが速報の集計で分かった。平均価格は八重山で前年比12万4438円減、黒島で14万6247円減。両市場の売り上げ総額も前年比10億7948万円減の53億4391万円と大幅に下落した。新型コロナウイルスの影響で、店舗の臨時休業や外出自粛に伴う牛肉の需要減...
本文を読む

子牛の平均価格、大幅下落 新型コロナの影響大 農家に先行き不安の声

子牛の平均価格が前回比約10万円近く落ち込んだ3月セリ=11日午前、八重山家畜市場子牛の平均価格が前回比約10万円近く落ち込んだ3月セリ=11日午前、八重山家畜市場
八重山・黒島家畜市場3月セリ 先月セリ比で約10万円減
 八重山家畜市場と黒島家畜市場の3月セリが10、11日の両日、両セリ市場で行われ、子牛の平均価格が八重山が58万6003円、黒島が57万4471円と前回(黒島は1月)と比べ、それぞれ9万2368円(13.62%)、10万9271円(15.98%)もの大幅な下落となった。関係者によると新型コロナウイルスによる消費の落ち込みやインバウンドの減少が背景にあるとみられる。これを受け畜産農家に不安の声や心...
本文を読む

黒島で過去最高176万円 平均価格は前年割り込む

県内8市場で最初のセリとなった黒島家畜市場。平均価格は68万3742円だった=13日午前、黒島家畜市場県内8市場で最初のセリとなった黒島家畜市場。平均価格は68万3742円だった=13日午前、黒島家畜市場
両市場で20年初セリ
 JAおきなわの黒島家畜市場、八重山家畜市場で13日、2020年の子牛初セリが相次いで行われた。黒島では過去最高の176万1100円の値が付き、八重山でも最高価格が158万5100円とご祝儀相場となった。高値取引に会場は熱気に包まれた。一方、平均価格は八重山で63万3133円、黒島68万3742円と前年初セリの70万円台を割り込んだ。  黒島家畜市場のセリは県内8市場の先陣を切って午前10時...
本文を読む

2017年 子牛、年間平均70万4593円

1月セリで平均77万余りの高値でスタートした黒島家畜市場の子牛セリ。7月以降60万円台に落ち込み、年間平均は70万4593円となった=1月13日午前、黒島家畜市場1月セリで平均77万余りの高値でスタートした黒島家畜市場の子牛セリ。7月以降60万円台に落ち込み、年間平均は70万4593円となった=1月13日午前、黒島家畜市場
黒島家畜市場 前年比、2万6000円余減
 JAおきなわ八重山地区畜産振興センターの黒島家畜市場は12日、11月の子牛セリを行い、2017年の取引を終えた。同市場のセリは奇数月の開催。年6回のセリで755頭が取引され、5億3196万円の販売実績を残した。前年からそれぞれ18頭減、3339万円減。年間の平均価格は、11月の落ち込みの影響で70万4593円と前年から2万6000円余りダウンした。最高価格は1月セリで雄の140万2920円だっ...
本文を読む

子牛、平均70万円超 16年八重山、黒島両市場

31002.png
高値で推移、過去最高 畜産部門販売額79億円
 八重山家畜市場、黒島家畜市場で2016年の1年間に取引された子牛の平均価格が過去最高の70万円を突破したことがJA八重山地区本部畜産振興センターのまとめで分かった。子牛価格は年間を通して高値で推移し、平均価格は八重山で71万9553円、黒島で73万1386円を記録、前年の59万7658円から17%、58万6257円から20%の伸びとなった。両市場合わせて8886頭が取引され、販売総額は64億3...
本文を読む

子牛価格平均59万円 過去最高を記録

28802.png
黒島家畜市場15年セリ終了 八重山市場追い越す勢い
 黒島家畜市場は11月13日で2015年のセリを終え、子牛(黒毛和種)の平均取引価格が前年を15%(8万8098円)上回る58万6257円の過去最高を更新した。年6回のセリのうち3回で平均価格が60万円を超えるなど好調に推移した。JAおきなわ八重山地区畜産振興センターによると、全国的な素牛不足、枝肉価格の高騰が背景にあるという。関係者はしばらくは高値傾向が続くとみている。  同センターのまと...
本文を読む

平均価格、3年で1.5倍 黒島家畜市場

黒島家畜市場子牛価格推移黒島家畜市場子牛価格推移
今年の子牛セリ、50万円に迫る JA「引き続き高値期待」
 黒島家畜市場の今年のセリで取引された子牛の平均価格は50万円に迫る49万8159円となり、前年を5万4210円(12.2%)上回る過去最高を記録した。同価格は▽2011年=32万676円▽12年=35万9904円と推移し、3年間で約17万7500円(55.3%)値上がりした。取引頭数は866頭と前年から29頭(3.2%)減少、取引総額は3億9461万円で前年を3006万円(8.4%)上回った。...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム