八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「軽石」の検索結果は以下のとおりです。

黒島で軽石除去作業

黒島の海岸に漂着した軽石を取り除く竹富町職員ら=8日(町民課提供)黒島の海岸に漂着した軽石を取り除く竹富町職員ら=8日(町民課提供)
町職員、漂着ごみと計10㌧分
 【黒島】竹富町の職員25人が8日、黒島に漂着した軽石の除去作業を行った。軽石のほかペットボトルや漁具など漂着物の回収も実施、トン袋10袋分を集めた。  町は今月6日の現地調査で、黒島港や島内海岸に小笠原諸島の海底火山由来とみられる軽石が漂着しているのを確認。港湾内に流入し定期船の運航に影響が出る可能性もあったため、各課から職員を集めて作業に当たった。  重機が進入できない場所では手作業...
本文を読む

黒島で軽石調査 竹富町、県と対応協議

黒島港に漂着した軽石。海岸や海面が灰色に覆われている=6日午前、黒島黒島港に漂着した軽石。海岸や海面が灰色に覆われている=6日午前、黒島
 【黒島】竹富町黒島の港や海岸にまとまった量の軽石が漂着しているとして6日、町職員が現地調査を行った。今後、除去作業も視野に県と対応を協議していく。現在のところ、定期船の黒島運航に支障は出ていないが、船が着岸する黒島港内に流入も確認されているため、住民や町は警戒を強めている。  黒島公民館によると、小笠原諸島の海底火山由来とみられる軽石が先月25日ごろ、島内の海岸で発見された。現在は、ほとん...
本文を読む

軽石漂着 増加の一途

確認状況確認状況
海岸・港湾で14カ所 石垣港閉鎖は見送り
 小笠原諸島の海底噴火由来と見られる軽石は、11月30日までに石垣市と竹富町で少なくとも14カ所確認、増加の一途をたどっている。現時点で被害は報告されていないが、各自治体は軽石の大量漂着を懸念し情報収集や今後の対応を協議中。石垣港の一部閉鎖を検討している石垣市は、12月1日付の閉鎖を見送った。  11月30日までに八重山3市町と八重山毎日新聞社が確認した八重山地方の軽石漂着・漂流は、石垣島と...
本文を読む

養殖場に軽石流入 漁業者ら誤食懸念

軽石が流入した養殖場=29日午後、八島町軽石が流入した養殖場=29日午後、八島町
八島町
 小笠原諸島の海底火山噴火による軽石が沖縄県内に漂着している問題で、石垣市の養殖場や石垣港離島ターミナルなどへの流入が29日に相次いで確認された。同日午後時点で養殖魚への影響は出ていないが、漁業者らは誤食による被害を懸念している。  このうち八島町の養殖場には28日午後から29日午前にかけ漂着。ヤイトハタや琉球スギを養殖している漁業者らはいけすの周りに網目の細かなネットを張るなど対策に追われ...
本文を読む

軽石、石垣島に漂着か

軽石と見られる灰色の砂粒が漂着した伊原間の海岸=26日午前、伊原間軽石と見られる灰色の砂粒が漂着した伊原間の海岸=26日午前、伊原間
伊原間、明石の海岸で確認
 石垣島の東海岸に軽石とみられる数ミリの砂粒が漂着していることが26日までに分かった。市は伊原間、明石の海岸で帯状に流れ着いた灰色の物質を確認、量が少ないことから現時点で各方面への脅威は否定している。  軽石と見られる砂粒は25日午後5時ごろ、伊原間でペンションを経営する安倍力さん(53)が伊原間の通称ナータビーチで発見。日常的に朝・夕方、海岸清掃を兼ねて散歩している中で見つけたという。 ...
本文を読む

軽石漂流、宮古島周辺でも

軽石の漂流状況軽石の漂流状況
海保、上空から確認
 第11管区海上保安本部は3日、小笠原諸島の海底火山噴火で噴き出したものとみられる大量の軽石を、沖縄本島と宮古島間の宮古海峡で4カ所発見した。それぞれが広範囲に広がっており、宮古島に最も接近しているものは、島の東にある東平安名崎から約74㌔の地点を漂流。同本部は「海面上に浮遊する軽石を認めた際、船舶は可能な範囲で迂回するなど回避してほしい」と呼び掛けている。  海保は航空機で上空から通常パト...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム