八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「新型コロナ」の検索結果は以下のとおりです。

新型コロナで初のオンライン 八重山から9社22品出展

ことし初のオンライン開催となった離島フェア。全国のわしたショップでも一部商品を販売している=22日、わしたショップ国際通り店ことし初のオンライン開催となった離島フェア。全国のわしたショップでも一部商品を販売している=22日、わしたショップ国際通り店
離島フェア開幕
 【那覇】県内離島市町村の特産品や情報を発信する離島フェア2021(同実行委員会主催)が22日、オンラインと全国のわしたショップ11店舗で開幕した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初のオンライン開催。八重山からは計9社22点、県全体では15市町村から47社234点が出展されている。2月18日まで。  八重山からは、わしたショップオンラインで石垣市4社12品、与那国町2社3品、自社サイト...
本文を読む

午後8時の時短開始 各店舗、収入確保に必死

午後8時までの時短がスタートし、店舗で協力を呼び掛ける県職員ら=22日夜、市内美崎町午後8時までの時短がスタートし、店舗で協力を呼び掛ける県職員ら=22日夜、市内美崎町
緊急事態宣言
 県の緊急事態宣言に基づき、飲食店などで午後8時までの時短営業が22日、始まった。石垣市内では営業終了時間が午後10時から2時間短縮された。美崎町の店舗は「午後8時まで時短」など張り紙で告示。深夜営業だった店舗も、昼営業に切り替えるなど収入確保に必死だ。県の担当者らが同日夕、協力金制度周知のため店舗を巡回し協力を呼び掛けた。  美崎町では週末の金曜日にもかからず、人出は少なく閑散。近隣飲食店...
本文を読む

全日制を27日まで閉鎖 八商工、生徒、職員4人が感染

定時制は通常通り 新型コロナ
 八重山商工高校は20日、新たに生徒1人に新型コロナウイルス感染が確認された事を受け、全日制を27日まで学校閉鎖するとホームページ上で発表した。  同校は18日に職員1人、生徒2人の陽性が確認された事を受け、19日から2学級を閉鎖していた。  学校閉鎖にともない、24日に校内で実施を予定していた第91回簿記実務検定試験は中止となった。  施設消毒は18日に完了しており、定時制の生徒や...
本文を読む

これ以上耐えられない 飲食以外から悲鳴

不要不急の外出要請などを求める県独自の緊急事態宣言初日。美崎町は人影もまばらだった=20日午後8時半ごろ不要不急の外出要請などを求める県独自の緊急事態宣言初日。美崎町は人影もまばらだった=20日午後8時半ごろ
県緊急事態宣言 22日からは時短要請
 県独自の緊急事態宣言期間が20日、始まった。2月7日までの19日間、県内全域で不要不急の外出・往来自粛が求められており、22日からは飲食店を対象に午後8時までの時短要請も行われる。時短要請の対象地域が石垣市など7市から全域に拡大され、店舗ごとに協力金が支給されるようになった。竹富、与那国両町の飲食店からは安堵の声が漏れる一方、飲食以外の業種は不安を募らせている。(9面に関連)  小浜島で飲...
本文を読む

暮らし、経済に暗い影 コロナ解雇急増

観光客でにぎわいを見せていたころのユーグレナモール(2018年5月18日)観光客でにぎわいを見せていたころのユーグレナモール(2018年5月18日)
雇調金期間延長訴えも
 持ち直しかけた八重山の経済が年末からのGoToトラベル一時中止によって再び苦境に立たされている。石垣市は7日から不要不急の外出自粛を市民に求め、県は12日から、午後10時から午前5時までは営業しない営業時間短縮要請を飲食店などに行った。街から観光客は消え、土産店は閑散とし、夜の繁華街へ繰り出す市民もまばらで島の暮らしに大きな影を落としている。一方で雇用を守るための国の雇用調整助成金は2月で終了...
本文を読む

竹富町島々応援クーポン券 利用期限を延長

利用期限が延長された竹富町島々応援クーポン券(イメージ画像)利用期限が延長された竹富町島々応援クーポン券(イメージ画像)
来月28日まで 町内経済の活性化図る
 竹富町は18日、町内限定で使える「竹富町島々応援クーポン券」の利用期限を来月28日まで延長すると発表した。利用期限は、今月31日までだったが、沖縄県が来月7日まで離島間の往来を最小限にとどめるよう県民へ要請していることから、利用の鈍化を予想。31日以降も使えるようにし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込む町内経済の活性化を図る。  事業を受託する竹富町観光協会によると、1枚1000円...
本文を読む

新型コロナ 12月下旬以降、急増 

新型コロナウイルスの感染者の構成新型コロナウイルスの感染者の構成
医療関係者「かつてない規模」 市中感染拡大に警鐘
 石垣市内での新型コロナウイルスの感染者数が昨年12月下旬以降、急増している。同23日~1月15日までに80人の感染が確認された。県八重山保健所が発表する日別感染者数は1日当たり平均3・3人、多い日は8人に上り、15日発表分までの直近1週間の陽性判明者数は22人前後と高水準で推移。年齢構成は40~70代が計57人と全体の7割を占め、中高年に感染が拡大している。感染経路は調査中・不明が約6割。医療...
本文を読む

時短要請にも休業4割 「採算とれない」と窮状訴え 新型コロナ

新型コロナ感染拡大を受け、臨時休業を伝える貼り紙(一部加工)=14日夜新型コロナ感染拡大を受け、臨時休業を伝える貼り紙(一部加工)=14日夜
本紙調査で判明 時短は6割 美崎町
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の主要都市への緊急事態宣言や沖縄県の営業時間短縮要請の影響で、石垣市の歓楽街美崎町にある店舗の4割が臨時休業を余儀なくされていることが本紙の調べで分かった。6割が時短営業だった。16日、店舗入口で営業内容の変更を伝えている事業所を対象に実施、計81店舗で張り紙を確認した。休業店舗は「県の協力金を得ても採算が合わない」、時短店舗は「少しでも収入を得たい」とそれ...
本文を読む

児童、教職員の2人が陽性 2学級を閉鎖、臨時休校

37108.jpg
市内の2校、PCR検査へ 新型コロナ
 石垣市教育委員会は15日夕、小学生1人と、小中学校の教職員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。市教委によると、15日に小学校は2学級を閉鎖、小中学校は臨時休校とし、両校とも同日までに施設消毒を完了した。児童と教職員は、現在保健所や医師の指示に従い療養中。市教委によると、新型コロナウイルス感染による市内での学級閉鎖は初。  児童は感染が確認されている家族の濃厚接触者としてPCR検...
本文を読む

「命の選択」迫られる 医療現場崩壊寸前

医療が逼迫する状況を説明する県立八重山病院の上原真人医師(左)ら=12日午後、八重山合同庁舎医療が逼迫する状況を説明する県立八重山病院の上原真人医師(左)ら=12日午後、八重山合同庁舎
八重山病院 手術3件延期、本島搬送も
 新型コロナウイルス拡大の影響で県立八重山病院(篠崎裕子院長)は12日、予定されていた手術3件を延期した。現在、同病院には15人の新型コロナ感染者が入院し、11日の時点で2人が重症。これ以上の重症患者の受け入れは厳しい状態となっており、いつ医療崩壊となってもおかしくない状況だ。同病院の新型コロナ対策本部長の上原真人麻酔科医師は「市民が考えているコロナの状況と医療従事者が実感している状況は温度差が...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム