八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「新型コロナ」の検索結果は以下のとおりです。

4カ月ぶり 通常へ一歩 観光・飲食、回復に期待

緊急事態宣言解除を前に店内の感染対策を確認するスタッフ=9月30日午後、やいま家庭料理さつき緊急事態宣言解除を前に店内の感染対策を確認するスタッフ=9月30日午後、やいま家庭料理さつき
緊急事態解除、月内は県独自措置
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い5月23日発令された政府による県への緊急事態宣言は、期限の9月30日をもって約4カ月ぶりに解除された。住民のさまざまな活動のほか、県独自の措置で段階的に経済も動きだす。解除による解放感が懸念されるため、県は「10月は通常に戻るための準備期間」(糸数公医療技監)として独自措置への協力を呼び掛けている。  ホテル業界は、宣言下にあったピークの夏場に打撃を受けてお...
本文を読む

独自措置で申請急増 県認証制度

店の入り口付近に張り出された県の「感染防止対策認証店」ステッカー=29日午後店の入り口付近に張り出された県の「感染防止対策認証店」ステッカー=29日午後
往来自粛の離島は遅れ
 沖縄県が新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除後の酒類提供など制限緩和を含んだ独自措置を28日、発表したことを受け、飲食店や宿泊業など感染対策を講じた店舗を対象にした認証制度の申請が急増している。一方、同制度の認証には調査員による現地調査が必須だが、調査員が不在の竹富町と与那国町では離島間の移動自粛が求められる中で作業が停滞している。県感染防止対策認証制度事務局は「来週後半からアポイントを取っ...
本文を読む

酒類提供 条件付き容認 県、解除見据え独自策

37824.jpg
緊急事態 石垣、重点措置移行でも対象外か
 【那覇】玉城デニー知事は26日、県庁で会見し、9月末を期限とする新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言解除を見込んだ方針として政府によるまん延防止等重点措置の適用か同措置に準ずる県独自の対策を講じる考えを示した。宣言解除後の具体的な内容は、政府が28日に開催する対策本部会議の決定を踏まえて発表する。  いずれも時短営業の条件付きで飲食店の酒類提供を認めるが、県の感染対策第三者認証を受けてい...
本文を読む

郡内コロナ 感染ゼロ 2カ月ぶり

直近1週間の陽性判明者数直近1週間の陽性判明者数
保健所「今後も対策を」
 八重山保健所管内の新型コロナウイルス新規感染者が21日、7月24日の発表以来、約2カ月ぶりに0人となり、石垣市内の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は74・65人となった。  八重山では8月下旬から感染者が急増。8月27日には、これまでで最も多い55人の新規感染者を記録したほか、老人施設での集団感染も発生した。  同保健所によると9月20日の新型コロナのPCR検査を受けた人は15...
本文を読む

市内、新たに4人 八重山保健所「会食自粛を」

八重山管内感染状況八重山管内感染状況
 八重山保健所は16日、石垣市在住の男性4人で新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。管内の新規感染者数は9月に入って138人、累計で1551人となった。  今回、陽性が判明したのは年代別で20代1人、60代2人、80代1人の4人。3人が施設関係者で1人が会社員だった。  石垣市の直近1週間の人口10万人当たり感染者数は76・67人で、沖縄県全体を下回っている。  八重山病院...
本文を読む

県立学校の学生寮再開 県教育庁

群星寮の受け入れも再開され、離島出身の生徒が戻っている=那覇市、(2015年11月23日撮影)群星寮の受け入れも再開され、離島出身の生徒が戻っている=那覇市、(2015年11月23日撮影)
濃厚接触生徒支援も
 県教育庁は10日、新型コロナウイルスの影響により夏休み明けから県立学校の学生寮(寄宿舎)に戻れなかった児童生徒の受け入れを全面再開した。学寮を利用するのは主に離島出身の生徒ら。県立高校に通う離島出身の一部生徒は、今週から寮に戻り学校の対面授業に参加している。また県は入寮者の支援策として、入寮時、濃厚接触者になった生徒が一時的に退寮をせざるを得ないため、ホテル等の宿泊施設で待機・療養する場合に限...
本文を読む

「聖紫花の杜」で11人感染 入所者ら、全員2回接種

介護老人保健施設「聖紫花の杜」で発生した新型コロナウイルス感染症について説明する医療法人上善会の橋本孝来理事長(中央)ら=14日夜、同施設介護老人保健施設「聖紫花の杜」で発生した新型コロナウイルス感染症について説明する医療法人上善会の橋本孝来理事長(中央)ら=14日夜、同施設
上善会施設 クラスター2例目 新型コロナ
 医療法人上善会(橋本孝来理事長)は14日夜、介護老人保健施設「聖紫花の杜」(野村義信施設長)で入所者7人と介護職員4人の計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同会運営のかりゆし病院では昨年10月、入院患者ら40人規模のクラスターが発生しており、上善会施設で2例目となる。  感染が分かったのは70代1人、80代4人、90代1人、100歳代1人の入所者7人と20代1人、30代2人、...
本文を読む

市内新たに7人感染 新型コロナ、3日連続一桁

八重山管内感染状況八重山管内感染状況
 八重山保健所は7日、管内で新たに石垣市在住7人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。3日連続一桁は、8月4日発表分まで1カ月余ぶり。竹富町、与那国町での確認は無かった。感染確認は9月に入って78人、累計では1491人。  7日に陽性が確認されたのは男性4人、女性3人。年代は10歳未満2人、20代1人、30代2人、40代1人、70代1人。農接触者は3人で、家庭内感染2人、施設で1人...
本文を読む

緊急宣言後のSOS注意 コロナ禍、自殺者増を懸念

37766.jpg
関係機関
 八重山管内で2020年の自殺者が14人と16年以降5年間で最多となった。新型コロナウイルス感染拡大が背景にあるとみられている。ことしは7月末時点の暫定値で4人と、コロナ禍以前の年間7~8人ペースで推移しているが、全国的には緊急事態宣言後に自殺者が増える傾向もあるため、関係者は宣言解除後の動きを注視、「一人で悩まず相談を」と呼び掛ける。 ■自粛中は連帯感  八重山保健所によると09~20...
本文を読む

コロナで事業開始遅れ 市学校・家庭・地域連携協力推進委

2021年度石垣市学校・家庭・地域の連携協力推進事業合同運営委員会第1回会議に参加する委員ら=3日午後、市教委2階ホール2021年度石垣市学校・家庭・地域の連携協力推進事業合同運営委員会第1回会議に参加する委員ら=3日午後、市教委2階ホール
放課後子ども教室 登録団体、目標値下回る
 小学校のスポーツ少年団を対象とした「放課後子ども教室」や、中学生の学習を支援する「地域未来塾」など、地域と学校が連携した教育活動を推進する「石垣市学校・家庭・地域の連携協力推進事業合同運営委員会」の第1回会議が3日午後、市教育委員会2階ホールであり、新型コロナの影響で事業の開始時期に遅れが出ていることなどが報告された。  同事業は、2020年度に策定した「新放課後子ども総合プラン石垣市行動...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム