八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「子牛平均価格」の検索結果は以下のとおりです。

12~14万円下落 20年子牛平均価格

2020年の子牛セリは八重山、黒島ともコロナ禍の煽りを受け平均価格が12~14万円下落した=2020年1月13日、八重山家畜市場の初セリ2020年の子牛セリは八重山、黒島ともコロナ禍の煽りを受け平均価格が12~14万円下落した=2020年1月13日、八重山家畜市場の初セリ
八重山・黒島家畜市場
 JAおきなわが運営する八重山、黒島の両家畜市場で2020年中に取り引きされた子牛の平均価格はそれぞれ59万4157円、57万3856円となったことが速報の集計で分かった。平均価格は八重山で前年比12万4438円減、黒島で14万6247円減。両市場の売り上げ総額も前年比10億7948万円減の53億4391万円と大幅に下落した。新型コロナウイルスの影響で、店舗の臨時休業や外出自粛に伴う牛肉の需要減...
本文を読む

下落傾向に歯止めか 八重山家畜市場

八重山家畜市場の6月セリ初日が開かれ、子牛平均価格が50万円を超えた=13日午後、同市場八重山家畜市場の6月セリ初日が開かれ、子牛平均価格が50万円を超えた=13日午後、同市場
子牛平均56万円 前月比6万円アップ
 八重山家畜市場で13日、肉用牛の6月セリが始まり、初日の子牛平均価格は5月のセリ値から6万3668円増の56万3033円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響による下落傾向に歯止めがかかる形となったが、購買者は「枝肉の需要が上がれば回復するが、コロナの動向を見なければならない」と慎重な見方をしている。6月セリは14日まで。  素牛価格は、コロナ禍で店舗の臨時休業や外出自粛により牛肉の需...
本文を読む

子牛の平均価格、過去最高に 前年大きく上回る約60万円

29012.png
八重山家畜15年セリ「高値傾向しばらく続く」
一時は70万円近くまで上昇
 八重山家畜市場で2015年の1年間に取引された子牛(黒毛和種)の平均価格が、前年の50万1600円を大きく上回る過去最高の59万8172円を記録したことがJAおきなわ八重山地区畜産振興センターのまとめで分かった。年間の取引頭数は8125頭(前年8103頭)、販売額は48億6014万円(同40億6446万円)に達した。同センターによると、全国的な子牛不足と枝肉価格の上昇が背景にあり、畜産関係者は...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム