八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「南山舎」の検索結果は以下のとおりです。

「貴重な視覚資料」平和学習への活用呼び掛け 刊行実行委員会

「絵が語る八重山の戦争」著者の潮平正道さん(前列左)と三木健刊行委員長(同右)ら=11日午後、大濱泉信記念館「絵が語る八重山の戦争」著者の潮平正道さん(前列左)と三木健刊行委員長(同右)ら=11日午後、大濱泉信記念館
潮平正道著「絵が語る八重山の戦争」
 潮平正道著「絵が語る八重山の戦争」(南山舎発行)を刊行した刊行実行委員会の三木健会長と委員らが11日、大濱泉信記念館で会見し、「視覚で八重山の戦争を訴える貴重な資料。子供たちにも分かりやすく戦争を伝えることができる」と意義を強調、学校現場などの平和教育への活用を呼び掛けた。  潮平さん(87)は戦時中、旧制中学1年生で鉄血勤皇隊に所属。1、2年生は自宅から通って軍作業に従事していたため、軍...
本文を読む

「染織に携わる生き方への称賛」 安本さん授賞式で喜び

第14回「パピルス賞」授賞式のあいさつで喜びを語る安本さん=1日、千代田区の如水会館第14回「パピルス賞」授賞式のあいさつで喜びを語る安本さん=1日、千代田区の如水会館
「島の手仕事」にパピルス賞
 【東京】学問と社会を結びつけることに貢献した著作に贈られる「第14回パピルス賞」(公益財団法人関記念財団主催)に南山舎(上江洲儀正社長)の「島の手仕事|八重山染織紀行|」が選ばれ、1日、千代田区の如水会館で行われた授賞式に著者の安本千夏さん(51)=石垣市大浜=が出席した。沖縄からの同賞の受賞は初めて。  同書は、八重山の染織文化に深い関わりのある人たちの手仕事を一冊にまとめて紹介したもの...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム