八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「住民投票」の検索結果は以下のとおりです。

住民投票について語り合う

住民投票などについて語る石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表(上段左から2人目)ら=2日夜住民投票などについて語る石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表(上段左から2人目)ら=2日夜
求める会の金城代表ら 識者らとネット番組出演
 2日夜にインターネット上で生配信された番組「石垣島の未来をだれが決めるのか?~自衛隊配備の住民投票をめぐって~」(ChooseLifeProject主催)に石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表と宮良麻奈美さん、義務付け訴訟弁護団の安里長従さんらが出演し、住民投票実施の現状などについて意見を交わした。  テレビの報道番組や映画、ドキュメンタリーを製作している有志で始めた映像プロジェクト。...
本文を読む

「憲法94条に違反」 住民投票の実施義務指摘

抗議声明を発表する小林武氏(中)、髙良沙哉氏(右)、飯島滋明氏=28日午後、県庁記者クラブ抗議声明を発表する小林武氏(中)、髙良沙哉氏(右)、飯島滋明氏=28日午後、県庁記者クラブ
研究者ら80人が抗議声明
 【那覇】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、沖縄大学客員教授で弁護士の小林武氏、沖縄大学教授の髙良沙哉氏ら3人が28日、県庁で会見を開き、市の市有地売却手続きや自治基本条例解釈が憲法94条違反に当たるとして、住民投票によって市民の意思が示されるまで市有地の売却・貸付手続きを中止するよう求める憲法研究者・法律家の抗議声明を発表した。23日から声明への賛同を呼び掛けており、28日時点で県...
本文を読む

住民投票義務付け訴訟 「28条に反している」

第3回口頭弁論終了後の報告集会であいさつする金城龍太郎代表(左端)ら=13日午後、那覇市第3回口頭弁論終了後の報告集会であいさつする金城龍太郎代表(左端)ら=13日午後、那覇市
市民検討委員が指摘 早急な実施求める
 【那覇】平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票をめぐり、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)のメンバーら50人が市自治基本条例28条に基づく石垣市への実施義務付けを求めている訴訟の第3回口頭弁論が13日午前、那覇地裁(平山馨裁判長)であった。原告側が同条例の市民検討会議委員だった福岡県在住の大学教員・上村真仁氏の陳述書を提出、上村氏は市の行為について「28条の1項と4項に明ら...
本文を読む

住民投票否決1年 陸自配備、重要局面に

アテモヤの収穫を行う金城龍太郎さん。農園から300~400㍍先の陸自駐屯地造成現場からは重機音が聞こえてくる=1月31日午後、嵩田地区アテモヤの収穫を行う金城龍太郎さん。農園から300~400㍍先の陸自駐屯地造成現場からは重機音が聞こえてくる=1月31日午後、嵩田地区
求める会「責任果たしたい」
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問うため、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)が1万4263筆の署名で直接請求した住民投票条例案が市議会で否決されてから1年が経つ。否決後、住民投票を求める運動は訴訟にまで発展、13日には第3回口頭弁論が行われる。一方、現場では造成工事が始まり、市は公有財産検討委員会で予定地にかかる市有地の売却・貸し付け方針を決定した。21日から始まる3月定例議会に...
本文を読む

住民投票を求める会 義務付け訴訟提起へ

石垣市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟の提起と仮の義務付けの申し立てを行うことを発表する金城龍太郎代表(中央)ら=6日午後、県庁石垣市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟の提起と仮の義務付けの申し立てを行うことを発表する金城龍太郎代表(中央)ら=6日午後、県庁
不作為の違法性確認も
 【那覇】平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は6日、県庁で会見を開き、市に住民投票実施を命じるよう求める義務付け訴訟を19日に那覇地裁に提起すると発表した。仮の義務付けの申し立ても同時に行う。原告は同会のメンバーを中心に運動に関わっている市民約20~40人になる見通しだ。  義務付け訴訟は、行政が一定の処分をするよう、私人が裁判所に求める抗告訴...
本文を読む

陸自配備計画 求める会 住民投票求め提訴へ

条例解釈、司法の判断求める あす県庁で会見、詳細説明
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)が市自治基本条例に基づく住民投票の実施を求める義務づけ訴訟を今月中旬に予定していることが分かった。訴訟には相当期間を要することから、民事の仮処分に当たる仮の義務付けを求める申し立ても同時に行う予定だ。  有権者の4分の1以上の署名を集めた場合に市長の実施義務を定める自治基本条例28条の解釈をめぐっては、求める...
本文を読む

「議会否決で署名効力消滅」 住民投票直接請求で

定例市議会一般質問 弾薬庫の危険性も否定
 6月定例石垣市議会(平良秀之議長)の一般質問は27日、井上美智子、内原英聡、新垣重雄、大濱明彦の野党4氏が登壇し、全員が平得大俣への自衛隊配備計画を取り上げた。住民投票を求めた1万4000筆余りの直接請求が市長の実施義務を規定する自治基本条例上いまだ有効とする解釈を、中山義隆市長は「議会で否決になった時点で署名の効力は消滅した」と否定、「その判断がおかしいというのであれば住民訴訟などを起こせば...
本文を読む

住民投票 条例案17日採決へ

住民投票条例案の審査報告について意見を交わす委員。与党の多数で17日の本会議で取り扱うことを決めた=13日午前、議員協議会室住民投票条例案の審査報告について意見を交わす委員。与党の多数で17日の本会議で取り扱うことを決めた=13日午前、議員協議会室
市議会議運で決定
 石垣市議会(平良秀之議長)に野党が提出している平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案は17日、6月定例初日の本会議で、特別委員会(長山家康委員長、10人)の否決報告の後、採決される見通しとなった。長山委員長が初日での審査報告を平良議長に申し入れ、13日の議会運営委員会(仲間均委員長)で5対4の与党多数で決まった。野党側は7月1日の最終本会議での採決を求めており、特別委の審査や...
本文を読む

陸自配備の賛否を問う住民投票条例案を否決 市議会特別委

平得大俣への陸自配備の賛否を問う住民投票条例案に挙手で賛成する野党4人(左側)。与党5人の反対数で否決された=14日午後、市役所会議室平得大俣への陸自配備の賛否を問う住民投票条例案に挙手で賛成する野党4人(左側)。与党5人の反対数で否決された=14日午後、市役所会議室
与党の反対多数で 参考人意見聴取も質疑なし 6月定例会の採決に注目
 平得大俣への陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例案を審議している石垣市議会の特別委員会(長山家康委員長、10人)は14日、市役所会議室で、与野党が推薦した各3人の参考人から意見を聴取した後、与党の多数で採決することを決めた。この結果、条例案は与党の反対多数で否決された。6月17日招集予定の6月定例会で報告され、採決される。住民の直接請求で提出された前回の条例案は可否同数となり、「議論不足」を...
本文を読む

来月14日に参考人招致 石垣市特別委

参考人招致をめぐって対立する委員ら。この後、野党が条件付きで応じた=26日午前、議員協議会室参考人招致をめぐって対立する委員ら。この後、野党が条件付きで応じた=26日午前、議員協議会室
平得大俣への陸自駐屯地配備
議論は継続的に進める
 石垣市平得大俣への陸上自衛隊駐屯地配備に関する石垣市議会特別委員会(長山家康委員長、10人)は26日、議員協議会室で今後の審議の進め方について協議した結果、5月14日に賛成反対双方から参考人を招致して意見を聴取する方針を確認した。与野党が各3人以内で人選する。野党側は当初、条例の中身の議論を優先すべきだとして難色を示したが、「参考人の意見を聞いた後、継続的に議論を進める方向性であれば了解する」...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム