八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「交通安全」の検索結果は以下のとおりです。

新1年生にランドセルカバー 地区交通安全協会が贈呈

八重山地区交通安全協会から交通安全ランドセルカバーをもらい笑顔を見せる新1年生ら=3日午後、八重山警察署八重山地区交通安全協会から交通安全ランドセルカバーをもらい笑顔を見せる新1年生ら=3日午後、八重山警察署
 八重山郡内の新1年生の交通安全を願い、八重山地区交通安全協会(辻野ヒロ子会長)は3日までに、郡内の新1年生737人分の交通安全デザインランドセルカバーを3市町の教育委員会に贈呈した。  同日午後、八重山警察署で贈呈式が行われ、辻野会長が石垣市教育委員会の石垣安志教育長に655枚、竹富町教育委員会の仲田森和教育長に55枚を贈った。与那国町教育委員会には同日までに27枚を送付した。  贈呈...
本文を読む

美崎牛本店が初優勝 飲酒運転根絶を競う

初めて行われた「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」で上位入賞、特別賞に選ばれた事業所の代表ら=12日午後、石垣市役所庁議室初めて行われた「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」で上位入賞、特別賞に選ばれた事業所の代表ら=12日午後、石垣市役所庁議室
優秀事業所に10社
2位先島交通、3位マルゲン水産
 企業や飲食店が飲酒運転根絶に向けた取り組みを競う「飲酒運転根絶企業・飲食店対抗甲子園八重山地方大会」の優秀事業所が12日発表され、美崎牛本店が初優勝を飾った。2位に先島交通㈱、3位に㈲マルゲン水産が入賞した。大会は石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆石垣市長)が八重山地区交通安全推進協議会、八重山署と共催して6月10日から7月18日まで初めて実施した。  今大会には八重山建設業団体連合...
本文を読む

飲酒運転の根絶を 夏の県民運動始まる

夏の交通安全県民運動の街頭パレードで市民に交通ルールの順守と交通事故防止を訴える参加者=9日午後、新栄公園付近夏の交通安全県民運動の街頭パレードで市民に交通ルールの順守と交通事故防止を訴える参加者=9日午後、新栄公園付近
石垣市交通安全推進協  
街頭パレードで訴え
 2014年夏の交通安全県民運動が9日、県内一斉に始まった。石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆市長)は同日午後、市民会館ピロティで出発式を行い、各団体から参加した関係者ら約100人が街頭パレードで市民に交通ルールの順守と事故防止を訴えた。  同運動は「みんなで守ろう!交通ルールとみんなの未来」をスローガンに▽二輪車の交通事故防止とマナーアップの推進▽子どもと高齢者の交通事故防止と歩行者...
本文を読む

全国地域安全運動始まる 安全・安心な社会を

自主防犯意識訴え
郡民大会や広報パレードも
 2013年全国地域安全運動が全国一斉にスタートした11日、八重山署(小禄重信署長)と八重山地区防犯協会(平良栄一会長)は新川小学校で「八重山郡民大会」を開き、パレードなどを通し、地域住民に運動への協力を呼びかけた。大会には新川小の児童や関係者多数が参加した。  同運動は地域社会の安全を確保し、安心して暮らせる社会の実現を目的に毎年行われている。  20日までの期間中、同署では自転車盗や...
本文を読む

ドライバーの交通マナーは? 通学路登校時

小学校の登校時間、ボランティアが子どもたちの安全を確保する=5日午前7時50分ごろ登野城校区の通称4号線小学校の登校時間、ボランティアが子どもたちの安全を確保する=5日午前7時50分ごろ登野城校区の通称4号線
歩道に停止の車多く
乳児だっこ、車内で喫煙も
 秋の全国交通安全運動月間(9月)以降も、石垣市内の小学校では保護者や字会、老人会の人たちが登校時間に合わせ、交通安全ボランティアとして子どもたちの安全を確保している。ボランティアから見たドライバーの交通マナーはどうなっているか。4日朝、市街地の小学校の通学路5カ所で取材した。    立っているだけで    ボランティアは午前7時半ごろから同8時すぎまで横断歩道や交差点に立つ。蛍...
本文を読む

マナーアップ学校を表彰 今年は中学校も対象

 八重山警察署(小禄重信署長)は30日午後、同署で市内の中学高校の教諭らを集めた自転車総合対策会議を開き、6月1日から「八重山地区高校・中学校対抗自転車総合対策コンテスト~八重山地区高校・中学対抗自転車甲子園~」を行うことを決めた。昨年度は、3高校を対象に行ったが今回中学校を新たに入れ、9月30日までの3カ月間で最もマナーアップした学校を表彰する。  同コンテストは、自転車関連事故や盗難、マナー...
本文を読む

安全対策要請へ 開港後の交通量増加で

 石垣市教育委員会(高木健委員長)は19日午後、2013年度第1回定例委員会を開き、新空港開港に伴う交通量増加への要望について話し合った。  市教委は3月7日に全小中学校にアンケートを実施し、交通安全に対する要望書を作成。大本小、川原小、白保小、野底小、真喜良小、石垣中、白保中からは▽スクールゾーンへのガードレールの設置▽道路のカラー舗装▽信号機の設置などの要望が出ている。  野底小は石垣...
本文を読む

交通量増大の390号 安全対策求める声相次ぐ

 新空港の開港で国道390号の交通量が増えている。6日午前10時20分から10分間、宮良地区で交通量をカウントしたところ、82台を確認した。単純に1時間だと492台になる。  県八重山土木事務所は開港までに、国道390号の交通安全対策として宮良と白保の11カ所で横断歩道の手前に減速マークを表示したほか、「学校あり・通学路」の警戒標識を6基設置、3カ所に「速度落とせ」の表示をした。川原集落でも...
本文を読む

看板とチラシで注意喚起 集落内の減速呼び掛け

レンタカー連絡協議会、地域の声に対応
 新石垣空港の開港で国道390号の交通量が増加しているのを受け、新石垣空港レンタカー連絡協議会(瀬戸守会長、9業者)は27日、レンタカー利用者が宮良と白保の集落内を減速するよう立て看板とチラシで注意喚起することを決めた。  宮良集落では、12日に行われた宮良小学校PTAの交通安全立哨説明会で保護者から「猛スピードで通り抜けるレンタカーが激増しており、子どもが横断歩道を渡れない状況をよく目にす...
本文を読む

入迎里さんに緑十字銀章

交通安全の功績で全国表彰
 石垣市交通安全推進協議会副会長の入迎里英能さん(90)がこのほど、警察庁長官・全日本交通安全協会長連名の交通栄誉章「緑十字銀章」に輝いた。八重山から15年ぶり6人目の受章で23日、八重山署(小禄重信署長)を訪れ、報告した。  同章は、長年にわたり交通安全活動の推進に尽力し、「緑十字銅章」受章後5年以上経過、10年以上無事故無違反者に贈られる。今月16日に「第53回交通安全全国民中央大会」が...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム