八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ハブクラゲ」の検索結果は以下のとおりです。

ハブクラゲに注意を

毎年、被害報告が上がっているハブクラゲ(資料写真)毎年、被害報告が上がっているハブクラゲ(資料写真)
周知徹底し被害防止へ
 県が1日に「ハブクラゲ注意報」を発令したのに伴い、石垣市の対策会議が6日午後、市健康福祉センターで開かれた。八重山保健所によると2015年の管内での海洋危険生物などによる被害状況は39件で石垣市30件、竹富町9件だった。14年の72件から33件減少し、平年並みとなり、ハブクラゲの被害も4件と14年の31件、13年の25件から大幅に減少した。  海岸別の被害報告件数(2001年~15年)で最...
本文を読む

ハブクラゲ被害多発 7月末で31件

八重山保健所管内で被害報告が相次いでいるハブクラゲ=資料写真八重山保健所管内で被害報告が相次いでいるハブクラゲ=資料写真
竹富町各島で6割強
 本格的な観光シーズンを迎える中、八重山保健所管内ではハブクラゲやカツオノエボシなど海洋危険生物による被害が多発傾向にあり、保健所では注意を呼びかけている。  今年は特に竹富町の各島での被害報告が多いため、町自然環境課では防災無線で遊泳者に注意を喚起している。  保健所によると、ハブクラゲ被害は7月末までに31件発生している。例年、ハブクラゲなど海洋危険生物による被害は6-9月に集中する...
本文を読む

ハブクラゲ被害に注意

八重山、昨年25件発生
 夏ごろに多発するハブクラゲ刺傷被害を防止するため、県保健医療部は6月1日から9月30日までの3カ月間、ハブクラゲの発生注意報を発令する。  同部によると、2013年の海洋危険生物の被害は八重山で42件(県内201件)発生。うち、25件(同103件)がハブクラゲ被害だった。  被害の発生場所は石垣市が伊土名や米原、川平石崎、名蔵湾、冨崎などで21件(前年7件)。竹富町は西表島のクイラ川河...
本文を読む

ハブクラゲ注意報を発令 昨年、県内で83件の被害

 本格的な海水浴シーズンを前に、県福祉保健部は1日、ハブクラゲ発生注意報を発表。県民や観光客にハブクラゲ刺傷について注意を喚起している。注意報の発令期間は9月30日まで。同部によると、2012年は海洋危険生物による被害が県内で234件発生しているが、このうち、83件(約35%)がハブクラゲによる被害となっている。  ハブクラゲ被害の未然防止策として県は▽侵入防止ネットの内側で泳ぐ▽遊泳時に肌の露...
本文を読む

海洋危険生物被害、ハブクラゲ最多の45% 対策の周知徹底へ

 2011年度石垣市ハブクラゲ等海洋危険生物対策協議会(本部長・當山信佳市民保健部長)が28日午後、市健康福祉センターで開かれ、被害状況の報告や関係機関の取り組み状況を確認した。  八重山福祉保健所管内の海洋危険生物による被害状況は昨年1年間で31件発生しており、このうちハブクラゲによる刺傷被害が全体の45%を占め、最多の14件となっている。  会議では、當山本部長が「統計を見ると観光客が...
本文を読む

相次ぐハブクラゲ被害

昨年は9件発生
正しい応急処置を
 海神祭をすぎると、本格的な海水浴シーズンを迎える。住民のレジャーや観光の目玉でもある八重山の海だが、毎年、ハブクラゲによる刺症事故が発生しており、過去には死亡事例も報告されている。安心・安全に海水浴を楽しむためにも、被害の未然防止や応急処置などについて正しい知識と情報を得ることが重要だ。(高良新輝記者) ■県内での現状  ハブクラゲは、6月初めごろから人体に重度な被害を及ぼす大きさに急激...
本文を読む

防止ネット内でも被害 冨崎でハブクラゲ刺症1件

 八重山福祉保健所は5日、今年の海洋危険生物被害発生速報の第4報を発表した。それによると、9月には冨崎でハブクラゲによる被害1件があった。同保健所によると、被害はハブクラゲの侵入防止ネットの内側で起きていた。切れたハブクラゲの触手が強風でネット内に流されて被害が起きたという。  同保健所は「侵入防止ネットに触手がからまっている場合もある。遊泳する場合には、ネットから1~2メートルほど離れるよ...
本文を読む

ハブクラゲ対策を確認 シーズンで危険生物対策協議会

 2010年度石垣市ハブクラゲ等海洋危険生物対策協議会(本部長・森永用朗市保健福祉部長)が2日午後、市健康福祉センターで開かれ、八重山保健所管内における被害状況を確認、今年の対策を申し合わせた。  保健所がまとめた昨年度の海洋危険生物被害届出は計32件。内訳は石垣市27件、竹富町5件で、市が全体の約8割を占めた。  被害の最も多いのがハブクラゲ(14件)で全体の43.8%を占めた。このほか...
本文を読む

ハブクラゲ注意報発令

 本格的な海水浴シーズンを前に県は、ハブクラゲに注意するよう呼びかけている。6月1日から9月30日まで発生注意報の発令期間。  未然防止策として▽ハブクラゲ侵入防止ネットの内側で泳ぐ▽遊泳時に肌の露出を避けることを列挙、刺された場合の対応として▽こすらずに食酢をたっぷりかけ、触手を取り除て冷やす▽応急処置をして医療機関で治療を受けるよう促している。  ハブクラゲは6月ごろ、人体に被害を与え...
本文を読む

ハブクラゲ、10月も警戒必要 福祉保健所

被害最多の20件、観光客が大半占める
 県八重山福祉保健所生活環境課は9月26日までのハブクラゲなど海洋危険生物による被害状況をまとめた。  それによると、被害件数は37件で、ハブクラゲによる被害20件、種別不明のクラゲ7件、サンゴなどクラゲ類以外の刺胞動物が1件、オコゼ類1件、ガンガゼ1件、不明が7件となっている。  37件の被害者のうち、八重山郡内在住が15件、郡外1件、県外在住者は21件。  竹富町では9人中8人が県外在住...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム