八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「タイマイ」の検索結果は以下のとおりです。

ウミガメを網から救助 長さ40cmのタイマイ

網に絡まり、動けなくなったタイマイ。その後、救助された=23日朝、宮良海岸(田渕秀太郎さん提供)網に絡まり、動けなくなったタイマイ。その後、救助された=23日朝、宮良海岸(田渕秀太郎さん提供)
田渕、知念さんが連携
 宮良海岸で23日朝、漁具の網とロープに絡まって動けないでいるウミガメがみつかり、宮良在住の田渕秀太郎さんと知念留美子さんの連携プレーによって救助された。  ウミガメは、甲羅の長さが40㌢ほどのタイマイ。田渕さんが日課のジョギングを終えて海岸に降りると、岩に引っかかった大きなロープの漂着ごみを発見。回収しようと海に入ると、ウミガメ1匹が引っかかっていた。  田渕さんは近所に住む知念さんに...
本文を読む

タイマイ、屋久島付近で確認 3年前に黒島で放流

黒島で放流された後、屋久島付近の海で発見されたタイマイ(中村圭祐さん撮影)黒島で放流された後、屋久島付近の海で発見されたタイマイ(中村圭祐さん撮影)
名古屋港水族館と黒島研究所 「生態解明へ大きな一歩」
 2012年5月に竹富町黒島で放流したタイマイ38頭のうちの1頭が今月19日、鹿児島県屋久島付近の海を泳いでいることが確認された。放流は名古屋港水族館(日登弘館長)と黒島研究所(若月元樹所長)の共同研究「タイマイ野生復帰プロジェクト」で行われたもので、今回の確認について同水族館は「タイマイの今後の生態解明に大きな一歩となる」、同研究所は「タイマイが自然に産卵できる環境を維持することも大切」とそれ...
本文を読む

名古屋からタイマイ30匹 黒島で放流、野生復帰調査へ

 ウミガメの施設内繁殖の研究で知られる名古屋港水族館(祖一誠館長)で産卵・ふ化したタイマイ30匹が25日午後、全日本空輸(ANA)の直行便で中部空港から南の島石垣空港に到着した。ゴールデンウイーク期間中には、竹富町黒島で放流が行われる。  同水族館と黒島の日本ウミガメ協議会附属黒島研究所(若月元樹所長)では、「タイマイ野生復帰プロジェクト」の一環として、施設内で産卵・ふ化し、育てられたタイマ...
本文を読む

タイマイ38頭を放流「野生復帰プロジェクト」研究成果に期待

 【黒島】ウミガメの施設内繁殖の研究で知られる名古屋港水族館(祖一誠館長)と、タイマイの産卵が6年連続確認されている黒島の日本ウミガメ協議会附属黒島研究所(若月元樹所長)は14、15の両日、昨年に続き「タイマイ野生復帰プロジェクト」の一環として同水族館で2009年に産卵・ふ化したタイマイ38頭を黒島から放流した。  同水族館とNPO法人日本ウミガメ協議会の共同研究として昨年から実施。水族館で...
本文を読む

ウミガメ10頭を放流 移動経路を調査、伊野田小児童ら

 ウミガメの一種で希少生物となっているタイマイの移動経路や分散状況を調査する目的で、西海区水産研究所石垣支所・八重山栽培技術開発センターは25日、1歳ガメ10頭を放流した。伊野田小学校の児童と幼稚園児らが体験放流学習として参加、児童の手から放流されたタイマイが大海原に向かった。  石垣支所・栽培技術研究室は、種苗放流によるタイマイの資源回復を目的に、数年間養成した親ガメから安定して卵をとるた...
本文を読む

タイマイの産卵のふ化に成功 西海区水産研究所石垣支所

資源回復、養殖の事業化に光明
3年連続は世界初
 ウミガメの一種タイマイの資源回復に向けた増養殖技術の研究開発で、独立行政法人水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所(與世田兼三支所長)が3年連続で人工環境下での産卵に成功したことがわかった。国内では同支所のほか2カ所の水族館でタイマイの研究が行われているが、3年連続で産卵に成功したのは同支所のみで、世界でも例がないという。同支所では「資源回復と養殖の事業化に明かりがみえた」(與世田支所長)...
本文を読む

夢でない完全養殖

 独立行政法人水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所(與世田兼三支所長)が3年連続でタイマイの産卵に成功し、資源回復と養殖の事業化に向けて大きく前進した。これまで計4回の産卵から子ガメを得、飼育してきた。これらの子ガメが成長し、親ガメとなって産卵・ふ化させるという完全養殖も夢ではなくなっている。  熊谷溢夫さんのチャリティー絵画展が、21日から市民会館展示ホールで開かれている。作品はテ...
本文を読む

ウミガメ16頭を放流 川原小・幼が体験学習

 石垣市立川原小学校とかわはら幼稚園(大田綾子校長兼園長)の児童園児13人が19日午前、八重山栽培技術開発センター前の海岸でウミガメ放流学習を行った。  放流学習は自然を大切にする心をはぐくんでもらおうと西海区水産研究所石垣支所栽培技術研究室が呼びかけたもの。  この日は、アカウミガメなどを見学した後、1歳になるタイマイ(平均直甲長39センチ、平均体重6.2キロ)と0歳のタイマイ(平均直甲...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム