八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「イリオモテヤマネコ」の検索結果は以下のとおりです。

あすから交通実態調査 ヤマネコ事故防止へ

調査機器配置図(県のウェブサイトより)調査機器配置図(県のウェブサイトより)
西表島全域
 県はイリオモテヤマネコの交通事故対策実施に向けた交通実態調査を2月から西表島全域で開始する。昨年7月に世界自然遺産に登録された同島では、イリオモテヤマネコ以外にも野生生物のロードキル(交通事故死)防止が課題となっている。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会からの四つの要請にも盛り込まれており、対策などを検討したリポートの報告がことし12月1日までユネスコに提出することが求められてい...
本文を読む

関係機関連絡会議 ヤマネコの事故防止を

関係機関がイリオモテヤマネコの交通事故発生防止などについて意見交換した連絡会議=17日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター関係機関がイリオモテヤマネコの交通事故発生防止などについて意見交換した連絡会議=17日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
来月から交通実態調査
 世界自然遺産登録の7月以降、西表島でイリオモテヤマネコの交通事故が多発しているのを受け環境省や竹富町、県、八重山警察署、民間団体など関係機関は17日、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターを主会場に連絡会議を開き、オンラインを含めて約40人が参加。イリオモテヤマネコの交通事故発生状況や各機関の活動報告、今後の対策について意見を交わした。  環境省西表自然保護官事務所は、今年発生した7件の収...
本文を読む

ヤマネコ交通事故死 世界自然遺産登録後3頭目

交通事故死したイリオモテヤマネコ。今年に入り急増している=1日夜、祖納~干立集落間の与那田橋付近(環境省西表野生生物保護センター提供)交通事故死したイリオモテヤマネコ。今年に入り急増している=1日夜、祖納~干立集落間の与那田橋付近(環境省西表野生生物保護センター提供)
 今年に入り5件目となるイリオモテヤマネコの交通事故死が発生した。西表島が世界自然遺産登録後、3頭目の事故死となり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から指摘されている希少野生生物のロードキル対策の難しさがあらためて浮き彫りになった。交通事故死した個体は雌の成獣で、1日午後8時半ごろ西表島西部の祖納~干立集落間の与那田橋付近の県道上で発見された。発見当時、体温が残り、死後硬直も始まっていない状態だ...
本文を読む

ヤマネコが事故死 世界自然遺産登録後初

ことし3件目のイリオモテヤマネコ交通事故死が発生した現場(赤丸部分)ことし3件目のイリオモテヤマネコ交通事故死が発生した現場(赤丸部分)
課題浮き彫りに
 西表島が世界自然遺産に登録された2日後の28日夜、国指定特別天然記念物イリオモテヤマネコの交通事故死が西表東部の野原崎展望台付近県道215号線上で発生した。登録に当たってユネスコが指摘するヤマネコなど絶滅危惧種の交通事故防止策の課題がさっそく浮き彫りになった。  ユネスコは今月26日、西表島の自然を「人類共通の財産」として世界遺産への登録を決定。日本に対し、絶滅危惧種の交通事故死を減少させ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム