八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「アンパル」の検索結果は以下のとおりです。

自然環境の喪失危惧 大規模開発に警鐘鳴らす

開発により、各地区が抱える問題が話し合われた=22日午後、県立石垣青少年の家開発により、各地区が抱える問題が話し合われた=22日午後、県立石垣青少年の家
アンパルの自然を守る会
 石垣市や竹富島などで計画されているホテルやゴルフ場、温泉、陸自基地建設など大規模開発により自然環境や島独特の景観の喪失が危惧されているのを受け「急激な大規模開発の現状に関する意見、情報交換会」(アンパルの自然を守る会主催)が22日午後、県立石垣青少年の家で地域住民 ら30人が参加し開かれた。各地区の住民らが抱える問題が報告され、それぞれの課題へ有効に対応するために情報を共有した。さらに、自...
本文を読む

名蔵小中が環境優良校 06年からアンパル保全活動

第17回環境美化教育優良校等表彰の優良校に選ばれた名蔵小中学校の児童生徒ら=8日午前、名蔵小体育館第17回環境美化教育優良校等表彰の優良校に選ばれた名蔵小中学校の児童生徒ら=8日午前、名蔵小体育館
 地域社会と連携しながら継続して環境美化に取り組む学校を表彰する第17回環境美化教育優良校等表彰(主催・公益社団法人食品容器環境美化協会)で、名蔵小中学校(石垣幸子校長、児童31人、生徒13人)が優良校・協会会長賞に選ばれた。全国で40校が選ばれ、県内からは同校のみ。表彰伝達式が8日午前、同校であり、石垣市教育委員会の石垣安志教育長から賞状と副賞5万円が贈呈された。  同校は2006年から、...
本文を読む

アンパル守る会に博報賞

市民参加型の活動評価
 名蔵川河口の湿地、アンパルの自然を守る活動を続けている「アンパルの自然を守る会」が博報財団(公益財団法人博報児童教育振興会)の第45回博報賞(教育活性化部門)を受賞することが9月30日、決まった。同会の島村賢正共同代表は「驚いた。小中学校に対する取り組みが評価され、喜んでいる。今後もアンパル、八重山の自然の素晴らしさを訴えていきたい」と述べた。  同会は2009年に発足。「子どもアンパル教...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム