八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏休みこども食堂 あすから、毎日提供

毎週土曜日に開催しているいしがき市民食堂の「子ども食堂」を利用する小学生ら=30日午後、市役所内いしがき市民食堂

毎週土曜日に開催しているいしがき市民食堂の「子ども食堂」を利用する小学生ら=30日午後、市役所内いしがき市民食堂

いしがき市民食堂・金城製麺で

 合同会社石垣島(那覇安彦代表)が運営する「いしがき市民食堂」(市役所内)と食事処「金城製麺」(公設市場内)で8月1日から「夏休み・毎日こども食堂」が始まる。9月2日まで定休日を除く毎日開催予定。対象は八重山地区在住の18歳以下の子ども。料金は無料。

 今月27日に、厚生労働省の「ひとり親家庭等の子どもの食事等支援事業」で採択を受けての企画。「夏休み!石垣島のこどもたち・こころもカラダも満腹プロジェクト」と題し、子どもたちの食育、健康サポートや孤食解消を目指す。

 同食堂では、これまで市民の寄付による「未来チケット」を使用して毎週土曜日に「こども食堂」を開いていたが、期間中はチケットなしで毎日利用できる。

 こども食堂の利用時間は、いしがき市民食堂が午前11時~午後2時、金城製麺が午前10時~午後5時。郡内の児童生徒は、学校名と学年をスタッフに伝えると利用できる。メニューは日替わり。

 いしがき市民食堂では、こども食堂の時間を含む午前9時から午後5時までスペースを開放する。Wi-Fiも整備する予定で、担当者は「読書や夏休みの宿題、学校で配布されたタブレットでの勉強などに利用してほしい。食堂が子どもたちでにぎわってくれたら」と多くの利用を呼び掛けている。

 いしがき市民食堂は、昨年11月の新庁舎開庁以来、これまでにこども食堂を計22回開催し、述べ600人ほどの子どもたちが利用している。今月最後のこども食堂が開かれた30日は、約30人の子どもたちが「八重山そば」を完食した。

 5人の子どもの母の大濵絵梨さん(32)=新栄町=は「サッカーの練習試合の帰りに子どもたちを連れてきた。1回のご飯の量が恐ろしく多いので、食堂はすごく助かる」と感謝。息子の善希君(11)は「(八重山そばは)麺が太くてかみ応えがあり、スープもおいしかった。また食べたい」と喜んだ。

 2店舗の定休日は、いしがき市民食堂が8月7、11、21、28日。金城製麺が8月12日と28日。

  • タグ: 夏休み・毎日こども食堂いしがき市民食堂金城製麺
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム