八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

豊年祭 絶やさぬ 旗頭奉納、巻き踊りは歌のみで

「さーさーさー」の掛け声とともに高々と持ち上げられる旗頭=20日午後、真乙姥嶽前

「さーさーさー」の掛け声とともに高々と持ち上げられる旗頭=20日午後、真乙姥嶽前

巻き踊りの歌を奉納するユンタ会のメンバーら=20日午後、真乙姥嶽境内

新川字会、縮小「ムラプール」

 新川字会(唐真盛充会長)は20日も豊年祭を行った。本来はムラプールの日で各字を案内して盛大に行っているが、新型コロナウイルス感染症の影響で3年連続で中止。新川字会は長崎嶽と真乙姥嶽で「矢頭」と「田頭」の旗頭のほか巻き踊りの歌のみを奉納した。

■長崎嶽、真乙姥嶽

 真乙姥嶽では同日午前、神司の東濵あけみさん(58)らが祈願。紺地着物(クンジィギン)を着た給仕、酌取りが神司の前に正座し、神酒を注いで「ウフミシャグパーシィ」(大神酒囃子)を歌いながら今年の豊じょうに感謝し、神司が「来年の世も重ね重ね、満作を願う」などと応じた。

 この後、公民館から旗頭を移動させ、長崎嶽、真乙姥嶽それぞれの鳥居に固定して奉納した。長崎嶽、真乙姥嶽の間の4号線で頭持ちが代わる代わる旗頭を持ち、「さーさーさー」と声を掛けながら高々と揺らした。

 両嶽ではユンタ会(7人)の漢那憲宜さん(68)らメンバーが字会役員らとともに巻き踊りの「ヤーラーヨー」「フナーブス」「ユラスマース」「アズン」「ターウツ」を歌った。最後に真乙姥嶽で大神酒をささげて感謝した。

 ユンタ会は古謡を継承しようと毎月2回勉強会を開いており、ことしの豊年祭での奉納に漢那さんは「歌い続けないと行事の継続ができない」とホッとした様子をみせた。

  • タグ: 豊年祭新川字会長崎嶽真乙姥嶽
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム