八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

伊波氏2期目当選 古謝氏に3000票差

参院選沖縄選挙区開票結果

参院選沖縄選挙区開票結果

辺野古反対、経済策に支持 投票率50.56%

 【那覇】第26回参院選は10日、投開票が行われ、沖縄選挙区(改選数1)は「オール沖縄」が支援する現職の伊波洋一氏(70)=無所属=が27万4174票を獲得して2期目の当選を果たした。自民新人の古謝玄太氏(38)=公明推薦=に3010票差の大接戦となった。投票率は50・56%で前回の49・00%を1・56 ㌽上回った。(得票数は開票率99・50%)

 今選挙では普天間飛行場の名護市辺野古移設に伊波氏が「反対」、古謝氏が「容認」を掲げたことから「辺野古新基地反対」の民意を改めて示した形となった。

 辺野古移設で伊波氏は「民意を無視して辺野古新基地を建設する日米政府に怒りを覚える」と強調。古謝氏は「危険性を一刻も早く除去することが現実的な策」など「容認」を掲げ、有権者から一定の理解を得た。

 先島への陸上自衛隊配備で伊波氏は「住民合意のないまま自衛隊ミサイル配備基地に反対。米軍まで先島に配備することになりかねない」と訴えた。

 このほか伊波氏は新型コロナウイルス禍からの県経済回復、物価高対策、子どもの貧困対策などを訴え、支持を浸透させた。

 新人の山本圭氏(42)=NHK党公認=、河野禎史氏(48)=参政党公認=、金城竜郎氏(58)=幸福実現党公認=は独自の戦いを展開。山本氏1万1033票、河野氏2万2583票、金城氏5639票を獲得した。

  • タグ: 参院選伊波洋一当選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム