八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

長い間、野積みされていたサザンゲート…

 長い間、野積みされていたサザンゲートブリッジ地先のしゅんせつ砂利の活用が決まった。塩分が多く、陸上での使い道が限られていただけに最善の策だと思う▼新たにクルーズ船専用バースの近くを野積みの砂利で埋め立て8・2㌶の緑地にする計画。工事が終わったら広場として各種イベントの会場に供されるとも。有り難い▼小欄ではバカの一つ覚えの呪文のごとく凧(たこ)揚げの出来る原っぱヤーイ、どこか電柱電線のない広場はありませんかと訴え続けてきただけに供用開始が待ち遠しい。正月開催の石垣市新春凧あげ大会も毎年会場探しで苦労、今年も民間の工場移転用地を借りて行った▼先週の石垣島凧あげ交流会も広場がなく苦肉の策で人工ビーチを借りて行ったが木陰用の立ち木や付属建物に気を使いながらの大凧揚げになった。今回人工ビーチを借りて感じたことだが塩分過多の砂地だからと侮ってはいけないことを管理面から考えさせられた▼ここ亜熱帯の石垣島は高温多湿ゆえに植物の繁殖力は旺盛で砂場でも、じき雑草が生い茂る。人工ビーチも交流会を前に愛好会が草刈りの手伝いをしたが、終えて初めてビーチ内に何十台も止められる舗装駐車場があることを知った会員も多かった▼飛来してきた外来植物も根付いていた。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム