八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ホワイトココ」PR 県農林水産部園芸振興課

パインアップルの新品種「ホワイトココ」のPRイベント=26日午前、ゆらてぃく市場

パインアップルの新品種「ホワイトココ」のPRイベント=26日午前、ゆらてぃく市場

新品種パインの味わい伝える

 パインアップルの新品種「ホワイトココ」の販売促進を図ろうと沖縄県農林水産部園芸振興課は26日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場でPRイベントを開催した。関係者らがパインの試食やアンケートなどを実施し、来場者に味わいや特長などを紹介した。

 県が育成・商標登録したホワイトココ(沖農P19)は白い果肉とココナツのような香りが特長。沖縄ブランドのパイン「ゆがふ」と「ソフトタッチ」をかけ合わせて誕生し、昨年12月に品種登録された。

 県によると現在、八重山と東村のみで栽培しており、4500玉ほどしか流通していないという。

 イベントではホワイトココと2017年に品種登録された「サンドルチェ」(沖農P17)の試食とアンケートが実施された。訪れた地元客や観光客らは2品種を食べ比べながら、味や適正な価格帯などを評価した。

 ホワイトココを試食した女性は「甘くておいしい。ナタデココを食べているよう。パインをイメージして食べると印象が変わる」と話した。

 同課の渡久山みき主任技師は「皆さんおいしいと言っていただくなど反応は良かった。このイベントを通して県産パインの味、良さを理解してファンになっていただきたい」と語った。

  • タグ: パインアップル新品種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム