八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創立130周年祝う 竹富小学校

記念事業で贈呈された木琴や鉄琴などを使い「ふるさと」の竹富島バージョンなど計3曲を披露した竹富小中楽団の皆さん=25日午前、竹富小中学校体育館

記念事業で贈呈された木琴や鉄琴などを使い「ふるさと」の竹富島バージョンなど計3曲を披露した竹富小中楽団の皆さん=25日午前、竹富小中学校体育館

式典で子ども楽団演奏

 【竹富】竹富小学校(下地和美校長・27人)の創立130周年を祝う記念式典が25日午前、同校体育館で開かれ、「飛び立て 竹富小学校 輝け 島の宝」のスローガンのもと、児童生徒や職員、父母、卒業生らが節目を祝い、さらなる発展を祈った。

 同校は、竹富町で2番目の初等教育機関として1892年6月25日に大川尋常小学校竹富分教場として誕生。その後、1906年に竹富尋常小学校として独立した。これまでの卒業生は2500人余り。

 式典では、児童生徒による校歌ダンスから始まり、下地校長が「先人から受け継いだ『うつぐみの心』を育み、新しい時代を担う子どもたちが自信と誇りを持って社会に羽ばたけるよう励んでいく」と式辞。

 事業経過報告のあと、実行委員会の新田長男委員長が記念事業として▽芝刈り機1台▽テント2張り▽木琴1台▽鉄琴2台▽大型扇風機4台―の目録を贈呈。新田委員長は「本校のますますの発展と由緒ある歴史がさらに輝き続けることを祈念している」とあいさつした。

 児童会長の片岡諒平君(12)=6年=は「待ちに待った記念式典を迎えられてうれしい気持ちでいっぱい。感謝とお祝いの気持ちを込めて壁画づくりや演奏に取り組んできた。楽しく学習できているのは家族や地域の人のおかげ。これからも明るく楽しく学校生活を送り、140周年へとバトンをつないでいきたい」と決意した。

 上勢頭立人PTA会長は子どもたちへ「学んだ知識を地域や友達のために使うと、みんなが楽しく自分もうれしくなる。周りの仲間たちからもいろんなことを学んでください。新たな歴史を作るのは皆さん。立派な歴史を積み重ねてください」などとエールを送った。

 この後、歴代校長やPTA会長、功労者などへ感謝状が贈呈された。前泊正人町長、佐事安弘教育長、内盛正聖公民館長が来賓を代表して祝辞を述べた。

 最後には、竹富小中学校の児童生徒から成る竹富小中楽団による演奏が披露され、竹富島版の「ふるさと」など全3曲で会場が盛り上がった。

 式典に先立ち、児童生徒会主催の記念演奏会も開かれた。

 感謝状受賞者は次の各氏。

 ▽歴代校長=漢那憲吉(第40代)、前上里徹(第41代)、島仲信秀(第42代)、黒島善一(第43代)

 ▽歴代PTA会長=内盛正弘(第26代)、内盛正亀(第27代)、三浦彰德(第28代)、上野寬(第29代)、内盛正聖(第30代)、根原哲也(第31代)、藤井幸吉(第32代)、野原健(第33代)

 ▽特別表彰=石垣ロータリークラブ(黒島剛会長)、丹羽正武、間部かほる、狩俣恵一、與那國光子、友利俊一

  • タグ: 竹富小学校130周年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム