八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和な世へ、誓い新た 戦後77年慰霊の日

自由焼香で全戦没者の冥福を祈る児童ら=23日午後、八重守之塔

自由焼香で全戦没者の冥福を祈る児童ら=23日午後、八重守之塔

石垣市主催式典に100人、児童生徒も参列

 石垣市全戦没者追悼式・平和祈念式(石垣市主催)は23日午後4時から、バンナ公園入り口の八重守之塔で行われた。ことしは各小中高校から児童生徒代表も案内し、計約100人が参列した。戦没者の冥福を祈るとともに「平和を考える作文」の朗読、平和宣言などを通して平和への誓いを新たにした。

 摩文仁の「平和の礎」にはことし新たに石垣市関係者1人が刻銘され、総数は4406人となった。

 式では、平和を考える作文中学生の部最優秀賞の池城咲花さん(石垣中1年)が「どの国に生まれても」、高校生の部優秀賞の阿次富美愛さん(八重山農林高校2年)が「一人一人が考える平和」を発表。

 池城さんは「いつの世までもこの憲法を守り続けたい。そして戦争をしない国の代表として、人の最大の良さである話し合える力を生かし、戦争をせずに問題を解決できる世界を創れたらと思う。どの国に生まれても、誰もが幸せであることを願って」、阿次富さんは「私が思う平和は、人の言葉によって傷つく人がいなくなり、一人一人が尊重される世の中になること。地球規模で見たら国境なんてない。みんな同じ人間で平等に生きる権利がある」などと読み上げた。

 県遺族連合会八重山支部の大山幸子支部長は「戦争は人々のささやかな幸せ、ありふれた日常を一瞬にして奪う。今日の平和は先人の犠牲の上に成り立っていることを心に刻み、悲惨な体験を後世に伝えていかなければならない」と誓った。

 中山義隆市長は平和宣言でロシアによるウクライナ侵攻に言及、「核兵器使用の危険性が高まった深刻な事態に見舞われている。私たちは戦争を遠い過去の出来事として風化させるのでなく、教訓として後世へ確実につなげていく責務がある」「世界の恒久平和の実現に向かって力強くまい進していく」と述べた。県八重山事務所の曽根淳所長が玉城デニー知事の言葉を代読した。

 この後、各団体の代表による献花、自由焼香が行われた。

  • タグ: 石垣市慰霊の日戦没者追悼式・平和祈念式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム