八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

参院選きょう公示

沖縄選挙区

沖縄選挙区

沖縄選挙区 現新6氏出馬予定

 【那覇】7月10日投開票の参院選は22日、公示される。沖縄選挙区では「オール沖縄」勢力が支援する現職の伊波洋一氏(70)=無所属=と自公が推す元総務省官僚で新人の古謝玄太氏(38)=自民公認、公明推薦=が事実上の一騎打ちを予定。両陣営は、八重山でも総力戦を展開する。

 今選挙の主な争点は、新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた県経済の回復、米軍普天間基地の辺野古移設の是非、岸田文雄内閣への賛否がある。

 両氏とも辺野古移設への態度を明確にした。伊波氏が「阻止」、古謝氏が「容認」を掲げている。県経済回復を巡っては、両氏とも重要な争点と位置付けており、各地で政策の浸透を図る。公示日の22日午前には、それぞれ第一声を放って遊説に奔走する。

 石垣市内では各陣営が出発、出陣式を行う予定で、両候補の必勝を誓う。伊波氏は25日、古謝氏は7月1日の来島を予定する。

 全県選挙の参院選は、9月11日投開票となる県知事選の前哨戦となる。参院選を制した陣営が、知事選への弾みを付ける形となる。沖縄選挙区には2氏のほか新人の金城竜郎氏(58)=幸福実現党公認、河野禎文氏(48)=参政党公認、山本圭氏(42)=NHK党公認、屋辰夫氏(70)=貧困をなくす党代表が立候補を表明している。

 県選挙管理委員会によると6月21日現在、国内の選挙人名簿登録者は117万9408人(男57万5061人、女60万4347人)。石垣市は3万9352人(男1万9716人、女1万9636人)、竹富町3448人(男1785人、女1663人)、与那国町1333人(男739人、女594人)。

  • タグ: 参院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム