八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「たかが凧(たこ)されど凧展」が…

 「たかが凧(たこ)されど凧展」が23日から26日まで市民会館展示ホールで催される。入場無料▼2001年に始まりコロナ禍で延期された石垣島凧あげ交流会が今年の再開で20回を迎えるのを記念して開催するもの。全国から延べ1500人余の凧名人が石垣島凧交流で親睦を深めてきた▼中には20回欠かさず参加している方も。多くの名人がリピーターとして離島にまで足を延ばし島々のことは私たちより詳しい。20年の間には鬼籍に入られた方もいて形見として凧が島に残され、八重山の伝統凧の改良に寄与している▼展示会は八重山の伝統凧、日本の代表的な地方凧、国内外の創作凧が展示される。子ども凧コーナーでは木の葉凧、日めくり暦凧、ビニール袋凧なども展示される。地域や学校での凧作り教室に生かせる資料がもらえる▼伝統凧では136本の骨組みで作られた50年前のピキダーが必見。見逃したら損するコーナーは各種シャクシメー。戦後すぐのもの、手のひらにのるミニサイズ、風車のように回転しながら昇っていくもの、子どもの大きさほどあり、お菓子を運ぶビッグサイズなど多彩▼今回の展示会は触って良し、写真撮影もOK。凧作り実演があり来場した子どもたちには26日南の浜町人工ビーチの交流凧あげ会で一緒に揚げようと進呈される。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム