八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子牛価格 前月比10%下落 原油高影響、市「動向注視」

ドッグラン、年度内に整備 市議会一般質問

 6月定例石垣市議会(平良秀之議長)は16日、井上美智子、宮良操、長山家康、内原英聡の4氏が一般質問に立った。6月13・14日の子牛セリ平均価格が前月比で約6万円下落したことについて当局は「飼料や原油価格高騰が要因と聞いている」と報告、今後の価格動向を注視しながら支援策を検討する考えを示した。今年度内に前勢岳「市民の森」内でドッグランが整備、供用開始される見通しが示された。

 子牛価格の下落は宮良氏が取り上げた。答弁によると、6月のJA八重山家畜市場の子牛平均価格は1頭当たり60万3615円で前月比9.78%(5万9088円)減。前年同月比では7.23%(4万7074円)減。全国主要セリ市場でも下落した。

 本原弘也畜産課長は、JAへの聞き取りで「季節的なのものあるが、飼料や原油価格高騰により、肥育農家において経費削減のため素牛の(購入)価格を下げていることが要因ではないかということだった」と報告。宮良氏の支援要望に「今後も動向に注視したい」とした。

 ドッグラン整備は長山氏の質問。棚原長武農林水産商工部長によると、「市民の森」指定管理者の八重山森林組合が計画しており、施設面積は約250平方㍍。「年度内に利用開始の予定。料金は他のドッグランを参考に設定する」と述べた。

 内原氏が取り上げた市立博物館の新収蔵庫について当局側は、旧火葬場跡地に「博物館バンナ収蔵庫」を整備したと報告した。鉄骨造1階建てで面積は245平方㍍。冷房設備4機を設置して温度や湿度を管理しており、白アリ対策も行う。新収蔵庫への搬入に向け現在、仕分け作業を行っている。

 北部地区の石垣ケーブルテレビ撤退による地上デジタル放送の難視聴問題をめぐり、小切間元樹企画部長兼DX課長は、新たに有線方式でテレビ受信を希望する世帯に対し「昨年度までと同様に地上デジタル放送難視聴対策補助金で引き込み費用を一部補助することで検討していく」との方針を示した。井上氏への答弁。

 

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム