八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾有事に「訓練必要」 市議会一般質問

台湾有事を想定した訓練の必要性に言及する中山義隆市長=15日午後、議場

台湾有事を想定した訓練の必要性に言及する中山義隆市長=15日午後、議場

中山市長「課題洗い出す」

 中国の軍隊が台湾に侵攻する事態などを想定した「台湾有事」について中山義隆市長は15日、訓練が必要との認識を示した。我喜屋氏の一般質問に答えた。

 我喜屋氏は「有事を想定した訓練を実施しないと、何が必要か何が足りないかが分からず、国への要望もできない」「台湾有事は対岸の火事ではない。起きる可能性がある」と訴えた。

 中山市長は「有事の際には台湾の国民が与那国や石垣を目指して避難することが想定される。同時に市民をどこに避難させるかも考えないといけない。国、県とも早急に調整していきたい。避難訓練も実施し、課題を洗い出していく必要がある」と応じた。

  • タグ: 有事訓練
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム