八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「協働のまちづくりを」 前泊竹富町長が所信

所信を表明を行う前泊正人竹富町長=10日午後、竹富町役場

所信を表明を行う前泊正人竹富町長=10日午後、竹富町役場

竹富町議会6月定例会開会前に行われた議場開場式=10日午後、竹富町役場議場

議会開会

 6月定例竹富町議会が10日開会し、4月の町長選で初当選した前泊正人町長が所信を表明した。前泊町長は「町民、議員、行政職員が一体となった真の協働のまちづくりを進めていく」と決意を新たにした。新型コロナウイルス禍の支援策に触れ、「困窮する家庭も多く各事業者は疲弊している。喫緊の課題として取り組んでいきたい」と述べた。

 冒頭で「町民の皆さまが何を思い、何を求めているのか真摯に耳を傾け声を聞き対応する。その姿勢の継続が行政に対する信頼の回復、竹富町の信用の回復につながるものと考える」と述べ、誠実で透明性のある町政運営を目指すとした。

 コロナ支援策として▽農業、畜産業、水産業など各種産業の基盤強化▽商工観光業回復に向けた施策推進▽子育て、障がい者、高齢者福祉サービスなど幅広い支援拡充―などを挙げた。

 また、「誰一人取り残すことのないまちづくり」の実現に向け男女共同参画、いじめ・不登校問題、ヤングケアラー問題に取り組んでいく考えを示し、「先人が築いてきた素晴らしい歴史、伝統芸能をしっかりと次の世代へ引き継いでいく」と誓った。

 2022年度の主要な施策などは3月定例会で示され、同年度予算案も確定していることから、就任後初の所信表明として町政運営への思いを述べた。「自分の言葉で話したい」という町長本人の意向で原稿も作成されなかった。

 

■「志引き継ぎ議会活動に」 新議場開場式で決意

 竹富町議会(新田長男議長)は10日、午後2時の6月定例会開会前に議場開場式を行い、新たな歴史をスタートさせた。

 新田議長、前泊正人町長、山盛力議会運営委員長、渡久山康秀総務財政委員長、仲里俊一経済委員長が議場入り口近くでテープカットを行った後、全員で議場へ。

 式で新田議長は最新のマイクシステムや映像配信設備の導入、ユニバーサルデザインの採用に触れ、「町民に開かれ、より身近に感じていただける議場になっている。(今後も)町民の皆さまに情報を発信していく。先輩たちが培ってこられた崇高な志を新議場に引き継ぎ、議会活動を推進していきたい」と決意を語った。

 前泊町長は「町議会の歴史に大きな1ページが刻まれた。議員の皆さまと建設的な議論を重ねながら、町民の福祉向上のため一層努力しなければならない」と述べた。

  • タグ: 竹富町議会竹富町役場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム