八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

二度あることは三度ある、ということわざが

 二度あることは三度ある、ということわざがある。広辞苑には「特に、悪いことは繰り返し起こるから注意せよということ」とある。失敗を重ねないようにとの戒め▼6月定例石垣市議会に上程された議案のうち、川平湾入り口近くで10月末完成予定の「川平コミュニティ施設」の管理方法や使用料などを定める条例案が、付託先の建設土木委員会で早々と継続審議となった。入居を想定する物販・グラスボート事業者らとの調整が不十分というのが理由のよう▼施設や条例うんぬんではない。議会提案までの手続きに問題ありというわけだ。既視感。過去の小欄でも同じようなことを何度か取り上げたことがある▼例えば2014年12月のこと。川平公園内にある公園茶屋の前に突如、クイが打たれた。店主が現場の業者に聞くと、市発注のトイレが整備されるのだという。寝耳に水。「何の説明もない。営業妨害だ」と訴え、結局中止に追い込んだ▼パッと思いつくだけでも、これ以外に新火葬場や不発弾保管庫の建設場所、景観地区の見直し、5人未満の幼稚園休園措置、クルーズ船乗客対象の無料シャトルバスなどなど。いずれも調整が不十分なまま決定したり、事を進めようとしたりしたことで地域の反発を招いた事案である▼なんでかな。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム