八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山古典民謡コン 4部門に93人合格

合格者発表の掲示板を食い入るように見る関係者ら=5日午後8時半すぎ、市民会館

合格者発表の掲示板を食い入るように見る関係者ら=5日午後8時半すぎ、市民会館

最優秀賞は5人

 第46回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)は5日夜、石垣市民会館で各賞の合格者を発表した。最優秀賞に5人、優秀賞に29人、新人賞に42人、奨励普及賞に17人の計93人が合格した。表彰式と演奏発表会は10月22日、市民会館大ホールで行われる。

 審査最終日のこの日は優秀賞の部終了後、引き続き市民会館中ホールで午後7時ごろから審査委員会(仲大底博也委員長、10人)の合格判定会議が開かれた。午後8時半ごろ、屋外で合格者の受験番号と名前が掲示された。待ちわびていた受験者や家族、師匠らが合格者の一覧表に食い入るように見入り、結果に一喜一憂していた。

 このうち奨励普及賞に合格した中学1年の東筋優奈さん(12)=愛知県北名古屋市=は「どうなるか分からなかったのでうれしい」と満面に笑み。自身は生まれも育ちも北名古屋市だが、八重山出身の祖父母に憧れて3年前から三線を始めた。「特徴的な音楽がいい。来年は新人賞を一発で取りたい」と古典民謡の習得にさらなる意欲を燃やした。

 仲大底委員長は判定会議終了後、「受験者が長い間待ち望んでいたコンクール。受験できたことを喜んでいると思う。私たちも感謝したい」とねぎらう一方、「マスクやモニターで練習したからか全体的に発声が悪かった。対面で指導を受ける時間が少なかったかもしれない」などと課題を指摘した。

 他の委員からも「声が小さく、三線の音も聞こえない人もいた。だめなら即退場でもいい」と厳しい意見があったほか、「今回感じたのは女性が元気でうまかったこと」などの感想もあった。

 同コンクールは、正確な八重山古典民謡の伝承普及と卓越した新進唄い手の発掘、後進の育成を図り、八重山の音楽文化の発展向上に寄与することを目的としている。

 2019年の第45回以降、新型コロナウイルス感染症の影響で延期され、第46回は3年越しの開催。2日から5日まで各部の審査が行われ、最優秀賞に73人、優秀賞に62人、新人賞に53人、奨励普及賞に17人が挑戦。合格率はそれぞれ7%、47%、79%、100%だった。

  • タグ: 古典民謡コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム