八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県高校ストリートダンスコン 八重高が3位入賞

県高校ストリートダンスコンテストの小編成部門で3位に選ばれた八重高ダンス部のメンバーら=4日、与那原かなちホール(提供)

県高校ストリートダンスコンテストの小編成部門で3位に選ばれた八重高ダンス部のメンバーら=4日、与那原かなちホール(提供)

来年大会で全国狙う

 第6回県高校ストリートダンスコンテスト「SPLASH DANCE OKINAWA」(県高校ダンス研究会主催)が4日、与那原かなちホールで行われ、9チームが参加した小編成部門(12人以下)で八重山高校ダンス部「Babe’xx」(ベイベックス)が3位に当たる日経スプラッシュ賞に輝いた。

 同ダンス部(中村碧部長、26人)は男子3人、女子7人の10人編成でエントリー。「仲間と踊るこの空間が一番」をテーマに2分10秒のダンスを発表した。

 曲は「Rather Be(ラザー・ビー)」。OBの平良瀬綱さん、振り付けを担当した中村菜都美さんが外部コーチとしてサポート。メンバーは部活で2時間、部活終了後に公園で2時間の練習を2カ月近く積んでコンテストに臨んだ。

 中村部長は「音楽に合わせてなめらかな振り付けからパワフルな振り付けまで、自分たちを思い切り表現できるようなダンス。コンテストでは笑顔も振りも過去一番の出来だった」と本番でのパフォーマンスに満足げ。

 一方、「グランプリを取って全国への切符を取りたかったので悔しい思いもある。来年1月にも全国がかかった大会があるので、それに向け、今回の大会で経験したことを生かし、失敗したところを改善して全国への切符を取りたい」と決意も新たにした。

 大底功季君は「コロナの影響もあって学校外で人前に出るのは今回で2回目だった。その中でもみんな全国に行きたいという思いを強くした。来年1月の大会で全国を狙いたい」と話した。

 ほかのメンバーは武藤千真さん、糸数知穂さん、田本彩さん、福里結さん、與座響華さん、中村純羚さん、藤井可菜美さん、鬚川小梅さん。

 上原詩織顧問は「外部コーチの指導のもと、生徒たちは練習と話し合いを重ね、ダンススキルの向上と、曲や振り付けのイメージ共有に努めてきた。本番で最も素晴らしいダンスを披露することができた。入部して初めての大会出場という大きな緊張の中、3位という結果を残した生徒たちを大いにたたえたい」と語った。

  • タグ: ストリートダンス八重高
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム