八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郡内各地でハーリー 3年連続規模縮小 安全と豊漁を祈願

白浜海神祭で熱戦を繰り広げた西(手前)と東(奥)の対抗戦=2日午前、白浜港

白浜海神祭で熱戦を繰り広げた西(手前)と東(奥)の対抗戦=2日午前、白浜港

白浜の東西対抗、白熱勝負は同着

 旧暦5月4日「ユッカヌヒー」の2日、郡内では漁業者の航海安全と豊漁を祈願する海神祭が、新型コロナウイルス感染防止の観点から、3年連続で規模を縮小して開催された。西表島白浜では、地域住民だけの御願ハーリーや東西対抗対決で活気をみせた。郡内最大の石垣市爬龍船競漕大会は中止になり、本バーリーを行う各組はスネーなどの神事を実施。白保、フナクヤー(伊原間)、細崎(小浜)では関係者のみによる御願ハーリーが行われた。久部良(与那国)は関係者だけで祈願のみを行った。

 白浜公民館(屋良誠一館長)主催の海神祭は白浜地区最大の行事。2日午前5時、公民館役員が白浜神社で祈願を行い、集落内にドラの音を響かせた。

 太陽が昇ると、会場の白浜港に地元住民や郷友会のメンバーが集まり、午前9時から御願ハーリーで地域の発展や新型コロナの早期終息などを願った。

 集落内を東西に分けた東西対抗では、意地とプライドがぶつかる。序盤こそ西がリードしたが、沖合400㍍の旗を折り返すと東が追い上げ白熱した勝負を展開。海岸の婦人や子どもたちが太鼓を叩き「サーサー」と声を合わせ手招きで応援。結果は同着で勝敗を分け合った。

 白浜海神祭は、例年だと学校、婦人会、職域、公民館の各対抗戦で優勝を争っているが、新型コロナウイルスの流行で20年度から縮小開催が続く。

 今回は、白浜小学校児童と教職員、白浜地区の中学生と婦人会、こぎ手を引退したレジェンドチームと、ことし還暦の白浜中学校22期生による各対抗戦を行い、工夫を凝らして祭りを盛り上げた。西表島産パインの海上収穫祭もあり、子どもたちは大喜びだった。

 レース後、児童生徒、婦人会、青年会らが舞踊を披露し来場者を楽しませた。

 屋良館長(42)は「近年はコロナで地域行事が規模を縮小したり、中止になったりして地域全体の元気がなくなっている。地域を挙げ行事をすることで団結も強まる。来年こそは大きく開催したい」と来年へ決意を新たにした。

 「コロナになって今回が一番盛り上がった」と話す藤原昭男さん(65)。「来年はぜひ前夜祭もやってほしい」と期待した。

  • タグ: ハーリー海神祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム