八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交付金10億円申請漏れ 市の生乳加工処理施設整備

供用開始間近の生乳加工処理施設=1日、石垣市内

供用開始間近の生乳加工処理施設=1日、石垣市内

県ミス、21年度分 22年度から充当へ

 【那覇】県総務部財政課は1日、国の沖縄振興特別交付金(ソフト交付金)を活用した、石垣市の生乳加工処理施設の整備事業をめぐる事務手続きのミスで、10億1892万円の事業費を請求できなかったと発表、謝罪した。

 県によると交付金処理のミスは、20年度に事業を開始したが地盤改良が必要だったため、翌21年度に「明許繰越」として事業を繰り越し。21年度は新型コロナウイルスの影響で、部品などの納入が遅れ「事故繰越」として22年度に一部事業を繰り越した。

 各年度での国負担の事業費は20年度数万円、21年度10億1892万円、22年度3億3078万円。県は21年度分の約10億円を今年4月、国に請求する必要があった。ただ、事業完了後の22年度に請求するものと誤解し、手続きをしなかった。5月初旬に国から確認があり、ミスが分かった。県総務部によると、事故繰越で年度をまたいだ請求は過去に6件ほどあったという。

 国と協議した結果、県は請求漏れ分を22年度のソフト交付金から「過年度支出」として充当する。同年度のソフト交付金は384億円。

 宮城力総務部長は「今回の錯誤事態を重く受け止めまして、今後このような事態が生じないよう、徹底して再発防止策に取り組んでまいります」とコメントし謝罪した。

 石垣市の生乳加工処理施設は、21年のHACCP(ハサップ)の衛生管理に対応した施設として整備を計画。学校給食用などの牛乳を管理し、ことし7月にも供用が開始される。総事業費は約17億円で、国8、県1、市1の負担割合。

  • タグ: 沖縄振興特別交付金申請漏れ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム