八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

審査基準など確認 八重山古典民謡コン

審査基準などを確認する審査委員ら=1日夕、八重山毎日新聞社2階会議室

審査基準などを確認する審査委員ら=1日夕、八重山毎日新聞社2階会議室

4部門224人が受験

 第46回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)が2日から4日間、石垣市民会館中ホールで行われるのを前に審査委員会(仲大底博也委員長、10人)が1日、本社2階会議室で開かれ、審査基準などを確認した。

 今回は最優秀賞に77人、優秀賞67人、新人賞に63人、奨励普及賞に17人の計224人が挑戦する。2・3日に最優秀賞、4日に新人賞と奨励普及賞、5日に優秀賞の審査が午前9時から行われる。

 審査委員会に先立ち、垣本徳一社長は「八重山民謡を後世に継承するためにもコンクールの意義は大きい。しっかりとした採点をお願いしたい」とあいさつ。保存会の大浜修会長に代わる審査委員に東竹西美寛氏を委嘱した。

 仲大底委員長は「コロナ禍で各研究所では稽古を休んだり、リモートで稽古をしたりしてきたが、この3年間で受験者がレベルアップしていることを期待したい」と話した。

  • タグ: 古典民謡コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム