八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市小児用ワクチン集団接種 「この機会に検討を」

23日から予約が始まった小児用の新型コロナウイルスワクチン接種の会場=26日午後、市健康福祉センター

23日から予約が始まった小児用の新型コロナウイルスワクチン接種の会場=26日午後、市健康福祉センター

集団接種の日程

5~11歳、6月3日から  竹富、与那国も可

 5歳から11歳までを対象とする石垣市の小児用新型コロナワクチン接種の予約受け付けが23日から行われている。市内には約4000人の対象者がいるが、27日夕時点で67人の予約にとどまっている。市では「強制ではなく努力義務も課されていないが希望する保護者はこの機会に検討してほしい」と促している。

 すでに接種が完了している竹富町とこれから始まる与那国町も石垣市での集団接種が可能となっていることから、両町は未接種者と対象者に接種を呼び掛けている。市の集団接種は6月3日から市健康福祉センターで実施される。

 市では接種券などは郵送されず、同センターで予約券を受け取った後、インターネットかコールセンターで各自予約することになっている。

 市によると、これまでに93人が予約票を受け取り、67人が予約を済ませた。

 与那国町は島内に診療所が1カ所しかないことから町内での接種は行わず、石垣市と合同で実施する。すでに接種券を対象世帯に郵送した。離島割の航空運賃と1泊分の宿泊費を助成する。保護者向けの説明会などを開き、これまでに対象136人に対して17人が予約を終えている。

 竹富町は3月28日に接種をスタートし、2回目を5月7日までに終えた。集計が済んでいる4月28日分までで対象355人に対して1回目46人、2回目34人。重篤な副反応の報告はなかったという。想定より接種者が少なかったことから石垣市の日程に合わせた集団接種を検討している。

 今回の集団接種について関係機関では「会場には小児科医2人と救急を担当する医師も常駐し、丁寧な問診と保護者の疑問にも答える。安心安全に接種できる環境が整えられている」と説明。集団接種後は個別接種が予定されていないことから「この機会を逃すと接種ができない可能性がある」としている。

  • タグ: 小児用新型コロナワクチン接種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム