八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

『石垣村古謡集』が完成 石垣字会字誌編集委

石垣字会字誌編集委員会(大田静男委員長)が完成させた「石垣村古謡集」=27日、八重山毎日新聞社

石垣字会字誌編集委員会(大田静男委員長)が完成させた「石垣村古謡集」=27日、八重山毎日新聞社

貴重な古謡198音源をCDに

 石垣字会字誌編集委員会(大田静男委員長)はこのほど「石垣村古謡集」を完成させた。アヨー、ユングトゥ、ジラバ、ユンタ、雨乞い、弥勒節、わらべ歌など字石垣に伝わる貴重な古謡198音源をCD16枚に収録した。字民や市民への普及のため、曲目を厳選したCDを年内に販売する。

 字誌にかかる調査をする中、字に伝わる古謡のカセットテープが廃棄されている現実に直面し、早期に収集して保存する必要があるとして保存版CD製作を企画。2021年度県立芸術大学教育研究資金の助成を受けた。

 編集委によると、CDには東永正、東永一、村田用康、大浜賢仁、宇根弘、浦原啓作、仲大浜賢扶、玉代勢長伝、東新城ウムチ、本部マジル、平良コヤさん、西村モトさん(いずれも故人)ら石垣村を代表する古謡の名手の音源を収めた。

 「ヤマバレーユンタ」の本歌と、布晒しを歌ったとみられる「カナクリ」も収録。これまで伝承されていなかっただけに貴重という。カナクリの音源は判読が難しかったが、字石垣出身の八重山古典民謡の故・仲程信喜さんの「工工四」の記録から琉球古典音楽の「謝敷節」の中で歌われていることが分かった。

 CDにはさらに同じ古謡でも、歌い方や節回しが違っている音源も収められている。

 大田委員長は「貴重な発見に驚いた。保存、提供してくれた方々に感謝感激の気持ちでいっぱい。急速な社会の変化でラジカセテープが廃棄処分されている。中には貴重な古謡や地域の伝統音楽が含まれている。これは八重山文化の大きな損失。音源が失われると復元が難しい。各字会や公民館は早急にラジカセテープなど音源を収集して保存活用対策をたてほしい」と望んでいる。

  • タグ: 石垣古謡
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム