八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中学総体は有観客で 生徒、保護者のみ入場可

無観客で開催された昨年の八重山中学校夏季総合体育大会=2021年7月4日、石垣第二中学校

無観客で開催された昨年の八重山中学校夏季総合体育大会=2021年7月4日、石垣第二中学校

制限緩和

 八重山中学校体育連盟(與世山淳会長)は27日、無観客開催を予定していた「第62回八重山中学校夏季総合体育大会」の入場制限を緩和し、応援生徒、選手の保護者、学校職員のみ入場可能とすると発表した。同日開いた臨時の役員会で決定した。

 同大会は28日に先行開催(テニス競技)、6月5日に本開催を迎え、郡内20校から1022人が出場する。連盟は当初、新型コロナウイルス感染拡大防止措置として全競技無観客で実施する方針で、各チームビデオ撮影係1人と救護要員2人の入場を認めていたが、石垣市教育委員会の助言を受け、入場制限枠の拡大を決めた。

 全競技で応援生徒(自由参加)、選手保護者、学校職員のみ入場可能で、応援生徒については保護者の責任下による。連盟は入場時の検温、マスク着用、手指消毒、受付簿への氏名記入の協力を呼び掛けている。

 入場制限をめぐっては26日、市議会与党有志4人が﨑山晃教育長を訪れ、無観客開催の撤回または条件付き観戦を求める要望書を提出していた。

 

■「良かった」「政治介入」 方針変更に喜びと懸念

 「第62回八重山中学校夏季総合体育大会」入場制限緩和の知らせを受けた保護者らは「有観客で良かった」と喜ぶ一方、「政治介入の色が出る」、「今の状況で大丈夫か」など懸念する声もあがった。

 ある保護者は「長らく子どもの成長を見る機会がなかった。保護者に限って有観客で実施してほしいという思いはあったので良かった」と結果を歓迎。「ただ現在の子どもたちの感染状況が気になるが大丈夫か」と心配の色も見せた。

 また今回、26日に与党市議4人から要請を受けた市教育委員会が27日に八重山中体連に助言し、制限が変更。28日に先行競技開催という急転直下の決定となった。

 別の保護者は「与党市議の要請を受け、変更となると政治介入の色が出る」と指摘。「緩和の善しあしは別として今回はPTAなどが動くべきだったのでは」と疑問視した。

  • タグ: 八重山中学校夏季総合体育大会八重山中学校体育連盟
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム