八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和と発展 未来つなぐ 沖縄復帰50年で式典

宜野湾市で開かれた沖縄復帰50周年記念式典=15日午後、沖縄コンベンションセンター

宜野湾市で開かれた沖縄復帰50周年記念式典=15日午後、沖縄コンベンションセンター

知事、辺野古言及せず

 【宜野湾】日本復帰50年の節目を迎えた15日、沖縄復帰50周年記念式典(政府、県共催)が沖縄コンベンションセンターで開かれ、関係者は世界で続く報復の連鎖を示し、沖縄が「世界平和の発信地」になることを願った。玉城デニー知事は「時代を切り開き世界と交流し、共に支え合う平和で豊かな『美ら島おきなわ』の未来に向かって力強くまい進する」と決意。米軍の辺野古新基地建設には言及しなかった。(2、4、7、9面に関連)

 式典は東京会場と中継をつなぎ実施。沖縄会場には関係者ら約800人が来場した。西銘恒三郎沖縄北方担当大臣が開式の辞を述べた後、県出身のテノール歌手・新垣勉さんが伸びやかな歌声で国歌独唱、盛大な拍手が送られた。

 岸田文雄総理は式辞で「改正沖縄振興特別措置法等の政策手段で沖縄の潜在力を最大限に引き出し『強い沖縄経済』を実現する」と沖縄振興を強調。米軍基地については、日米同盟の抑止力を維持した上で「基地負担軽減の目に見える成果を着実に積み上げる」とした。

 玉城知事は式辞で復帰後の発展を紹介し、自立型経済の構築や子どもの貧困、離島の不利性などを課題とした。米軍基地については、米軍・軍属の事件事故や環境汚染など負の側面に言及。「県民は過重な基地負担を強いられ続けている」と訴え、政府に対しては「本土復帰の意義と重要性を国民全体の認識共有を」と述べた。

 天皇陛下はオンラインでお言葉を述べ、沖縄の課題について「若い世代を含め広く国民の沖縄に対する理解がさらに深まることを希望する」と話された。

 このほかオンラインで衆議院の細田博之議長、参議院の山東昭子議長、全国知事会の平井伸治会長、最高裁判所の大谷直人長官、ラーム・エマニュエル駐日米国特命全権大使もあいさつした。

 県民代表あいさつで公益財団法人対馬丸記念会代表理事の髙良政勝氏は、ロシアのウクライナ侵攻を念頭に「報復の連鎖を断ち切る努力をすることが、対馬丸の子どもたちから指し示された私たちへの課題」として沖縄が「世界平和の発信地に」と願った。

 若者代表で県青年団協議会会長の普天間真也氏と、沖縄の学生団体VONS共同代表の平敷雅氏は「先輩が築いたものを守り、新たに築き上げてより良い沖縄を未来へつなぐ」と決意表明。

 式典終了後はレセプションが行われ、古酒仕次の儀、琉球舞踊や空手演舞などが披露された。

 沖縄は戦後、サンフランシスコ講和条約締結により、米国民政府の統治が戦後27年間続いた。県内外で沖縄の日本復帰を求める住民や佐藤栄作元総理ら政府関係者の尽力で、1972年5月15日に復帰した。

  • タグ: 沖縄復帰50年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム