八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今期の本マグロ漁終了 八重山漁協

終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協

終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協

水揚げ50㌧、前年比20㌧減

 県はクロマグロ(本マグロ)の採捕数量が前期割当量180・6㌧に達したとして11日に採捕停止命令を発出、これを受け同日、八重山漁協の本マグロ漁が終了した。15日には八漁協で今期最後の水揚げがあり、水揚げ総数は過去最多となった昨年から約20㌧減り、50㌧(232本)だった。このうち10・4㌧(57本)が地元に卸された。

 八漁協によると、今期は沖縄本島近海での水揚げが好調で、前半から那覇地区漁協などで水揚げが増加。昨年から8日早く採捕停止命令が出された。

 同日午前、八漁協では約5・1㌧、27本の本マグロが揚がり、このうち、マグロはえ縄漁船第八源丸(座波幸次船長)は5本を水揚げ。㈲マルゲン水産の上地肇代表取締役によると2本を県外市場へ、3本を地元へ卸したという。

 今期の操業について上地代表は「一気に終わった印象。大漁だった船もあるが、自分たちは全然だめ。去年と比べても良くない」と厳しい表情。「石垣島近海で釣れる前に終わってしまったので少しもったいない」とピーク前での終了を悔やんだ。

 一方、地元には昨年とほぼ同数の約10㌧の本マグロが出回った。上地代表は「今期最後の本マグロ。この機会においしい生マグロを食べてシーズンの〝御用納め〟をしてほしい」と地元での消費に期待した。

  • タグ: クロマグロ終了
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム