八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

GW 観光地活況

多くの観光客でにぎわう川平湾。グラスボートも次々に稼働した=1日午前、川平湾

多くの観光客でにぎわう川平湾。グラスボートも次々に稼働した=1日午前、川平湾

事業者、後半にも期待

 ゴールデンウイーク(GW)期間中、初の日曜となった1日、郡内各地の行楽地では大型連休を楽しむ人でにぎわった。このうち石垣市内のビーチや商業施設では多くの観光客が訪れるなど活況。観光事業者も「徐々に人が増えてきている」と手応えを語り、3日以降の連休後半にも期待感を示している。

 市内の人気観光地・川平湾では午前から家族連れやカップルなどが多数訪れ、砂浜などで記念撮影。各社のグラスボートも次々に稼働するなど活気づいた。

 初めて石垣島を訪れたという三好沙織さん(32)=東京=は「白い砂浜と青い海が本当にきれい」と感動した様子。松沢英志郎さん(32)=同=は「これからレンタカーで島をぐるぐるする予定。2日からは西表島に入ってトレッキングをする予定なので、晴れてくれたら良いが」と好天を願った。

 グラスボート遊覧を行う業者=川平=によると、利用客は連休初日の4月29日から徐々に増加。1日と4日が予約のピークだという。店舗スタッフは「忙しさはまだ3月の春休み期間と同じくらいの印象。天気の悪さも少しは影響しているかもしれない」と話し、「それでも昨年よりは全然良い数字。これからさらに増えてくれたら」と期待した。

 雨がぱらついた午後にはスケジュールを変更した観光客らがユーグレナモールに集中。公設市場や土産品店で買い物を楽しむ姿が見受けられた。

 昨年と比べ3倍近くの在庫を注文したという土産品店経営の男性は「期待以上とまではいかないが、これだけ来てくれたら御の字。狙って入荷した商品が売れているので良かった」と安堵の表情。GW期間中の売り上げトータルについて「去年の2倍以上はいきそうだ」と見通した。

 春休み期間後の4月も売り上げが好調だったことから「ことしは日程を分散させて来る人が多いのかも」と分析。「3日からの連休後半、もしくはそれ以降に旅行者が増えるかもしれない。ひそかに期待したい」と話した。

  • タグ: ゴールデンウイーク観光
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム