八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2005年秋、30人ほどの団体で台湾へ…

 2005年秋、30人ほどの団体で台湾へ行った。当時は台湾行きのフェリーがあり、往路は基隆まで海路だった▼旅の目的は、かつての疎開地を訪ねること。先月8日に亡くなった仲地幸太郎さん=石垣市平得=は現在の桃園市龍潭区に疎開した経験の持ち主で、ツアーにはリーダー的な立場で参加されていた▼仲地さんは家族とともに龍潭で疎開生活を送った。戦争が終わり、石垣島へ戻るために蘇澳鎮の港町、南方澳へ移動したものの、船を待つ間に妹さんがおひとり亡くなられた▼05年の旅行では大型バスで南方澳をぐるりと回った。仲地さんは車窓から洞穴を見つけると、車を止めさせ、そこまで歩いていった。「これは防空壕(ごう)じゃないか」というのである。疎開体験に対する仲地さんのこだわりを感じさせるシーンだった。アジア太平洋戦争の末期には、確かに南方澳でも空襲があった▼龍潭にかつての面影を探すことは難しい(4月27日付本紙)。77年も経過すれば、町の表情も変わろうというものである▼残念なのは、その変化を確かめたくても、そう簡単には見にいけないということである。自らの足取りをたどり直したり、だれかの経験を追体験したりするには、その場所へ足を運ぶことが一番だ。遠くへ出ていける黄金週間の再来を待つばかりだ。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム