八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町の第22代町長に前泊正人氏が就任…

 竹富町の第22代町長に前泊正人氏が就任した。44歳、同町の町長としては最も若い町長の誕生だ▼去る17日に投票が行われ、18日に開票された同町長選で1578票を獲得。前町議の那根操氏に557票の大差をつけ初当選した。有権者が、政治経験は無いが、若さと行動力のある前泊氏に町の新たなかじ取り役を託した▼今回の町長選は、官製談合防止法違反などの容疑で前町長が逮捕・起訴、辞職したことに伴う、いわば、町政への信頼回復、再建を図る出直し選挙。前泊氏は「町民主体のまちづくり」を基本姿勢に、町民の声を聞き、町政運営に反映する町民目線の政治と、情報公開を徹底し、町民に開かれた町政を訴え、支持された▼20日午前の就任式で前泊町長は「町民の声を心でしっかり聞き、町民に寄り添った町政運営をしていきたい」と決意を表明。新たな〝竹富丸〟の船長として、意気揚々と船出した▼今後は、町のリーダーとして、待ったなしの新型コロナ対策や町民の生活、福祉の向上、各種産業の振興など、山積する課題を前に町長としての力量が問われることになる▼役場職員として14年勤務した経験を生かし、職員との良好な関係性を築き、柔軟な発想と行動力で、竹富町の再生に全力で取り組んでほしい。若い力に期待したい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム