八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県大会向け練習励む 3年ぶり開催に気合い

本番リハーサル前の最後の練習を行う石垣女声コーラスあかようらの会員=14日夕、石垣市文化会館

本番リハーサル前の最後の練習を行う石垣女声コーラスあかようらの会員=14日夕、石垣市文化会館

石垣女声コーラスあかようら

 石垣島で活動する平均年齢80歳の合唱団・石垣女声コーラスあかようら(黒島郁江会長・35人)が、来月3日から開催される第42回全沖縄おかあさんコーラス大会に向けて練習に励んでいる。コロナ禍で延期が続き、3年ぶりの開催。メンバーらは「久々の県大会なので、いろんな地域から来た人からたくさんの刺激を受けてきたい」と意気込んでいる。

 14日夕の練習には、会場の石垣市文化会館に会員約20人が集まり、ピアノの伴奏に合わせて合唱。発声練習から始まり、「みかんの花咲く丘を」、大会で歌う予定の「おかあさん」、「桑の実」(宮良長包作)を伸びやかに歌い上げた。21日に市民会館中ホールで最終リハーサルを行い、本番に備える。

 今回初めて大会に出場する平地ますみさん(71)は「コロナ禍の中、新しいことにチャレンジしようと思い、声をかけていただいた縁で練習に参加している。自分のパートを一生懸命歌って、いいハーモニーを作りたい」と意気込む。

 毎年県大会に参加している登野城ルリ子さん(85)は「自分たちが歌うのも楽しみだけど、いろんなところから来た人たちの歌を聴くのも楽しみ。2年間なくてさみしかったので、今年は参加できてうれしい」とほほえんだ。

 第42回全沖縄おかあさんコーラス大会は来月3日から2日間、琉球新報ホールで開かれ、県内の全19団体が出場を予定している。

  • タグ: 石垣女声コーラスあかようら
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム