八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2022年度がスタートした。各行政機関…

 2022年度がスタートした。各行政機関などでは、異動した職員が新たな部署で再始動した。学校では入学式があり、新入児童生徒、園児たちが新しい環境で学校生活の第一歩を踏み出した。希望に満ちた歩みだ▼もう一つ、大きな進路に向け、動きだしたのが竹富町長選。前町長の町発注公共工事を巡る官製談合、加重収賄容疑で逮捕、辞職を受け、竹富町の新たなかじ取り役を決める重要な選挙だ▼去る12日、告示され、届け出順に前町役場職員の前泊正人氏(44)と元竹富町議の那根操氏(70)の新人2人が立候補した。両陣営ともチャーター船を駆使し、精力的に町内各島を巡回、3400人余の有権者に政策の浸透、支持の拡大を図っている▼両候補とも、独自色を出し「新生竹富町」への思い、考えを訴えている。有権者の心にどの候補の訴えが響くのか、早くも14日から後半戦に突入し、17日に審判が下される▼一方、心配されるのが「第7波」と目されるコロナウイルスの流行。県内では13日発表で過去4番目に多い1656人の感染が確認された。若年層で感染が拡大しており過去最多の1826人を上回るのも時間の問題か▼県、国ともまん延防止等重点措置の発出には慎重だ。ゴールデンウイークを前に難しい判断となりそうだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム