八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町、基本計画を策定 百年後へ「知」と「交流」の拠点

文化振興・観光交流拠点施設の常設展示室イメージ案(竹富町の基本計画書より)

文化振興・観光交流拠点施設の常設展示室イメージ案(竹富町の基本計画書より)

機能・規模、設計段階で精査

 竹富町は9日までに、文化振興・観光交流拠点基本計画策定委員会(佐々木健志委員長)の提言を受け基本計画を策定した。西表大原庁舎の建設に伴う複合施設として博物館・図書室、町民ホールを計画するもの。今後、実施計画、基本・実施設計などの作業を行う。

 拠点施設の予定地は字南風見201の1。敷地内に町西表自然遺産センター(仮称)、隣接地に大原庁舎が整備される予定になっていることから、具体的な整備にあたっては動線、配置など多くの条件や整合性を調整する必要があるとし、最終的な機能・規模に関しては設計段階で精査する。

 拠点施設は「百年後も竹富町らしく存続していくための『知』と『交流』の拠点」を基本理念として▽地域の貴重な資源・資料の保存継承▽多様な自然・文化の体験による、その価値への理解▽町民の文化活動、交流促進による地域コミュニティ活性化▽経済活性、地域活性につながるレジャー体験の提供▽世界への発信力の保持―を基本方針とした。「みんなで育て、ともに成長・進化する」「九つの島をつなぐ仕組み」を方針に管理運営する。

 博物館・図書室にエントランスホールや観光案内、展示、収蔵、調査・研究、教育普及、交流・サービスなどの機能をもたせ、施設規模は3160平方㍍を想定。町民ホールはホール、舞台、展示・交流などの機能を持ち、965平方㍍の規模を想定する。

 西表島以外の各島をサテライトと位置づけ、連携した活動を展開する。サテライト展示は、各港の旅客待合所など既存施設にパネルを設置したり、拠点施設から展示ケースなどを貸与することなどを想定する。

  • タグ: 竹富町文化振興・観光交流拠点基本計画策定
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム