八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郡内3高校・八特支入学式 期待胸に門くぐる

期待を胸に高校生活をスタートさせた新入生の皆さん=7日午後、八重山農林高校体育館

期待を胸に高校生活をスタートさせた新入生の皆さん=7日午後、八重山農林高校体育館

471人が高校生活スタート

 郡内3高校と八重山特別支援学校の入学式が7日、各校体育館であり、八重山高校196人、八重山商工高校151人、同定時制10人、八重山農林高校108人、八重山特別支援学校高等部6人の計471人が期待を胸に学び舎の門をくぐった。8日は伊原間中学校を除く市内小中学校などで入学式が開かれる。

 このうち八重農(与那嶺国彦校長)ではアグリフード科28人、グリーンライフ科29人、フードプロデュース科21人、ライフスキル科30人の計108人が入学許可を受けた。

 与那嶺校長は式辞で「高校生活の3カ年は人生の基盤を作る最も大切な時期。①将来の夢に向かい、好奇心を持ってチャレンジする②自ら学び、考え、互いを尊重し、高め合う③規範意識を高め規律ある行動を取る―の三つを心にとめ、頑張ってください」と祝福した。

 新入生を代表して高橋観君が「一日一日を大切に後悔のないよう過ごしたい。時には壁にぶつかり辛いこともあると思うけど、先生や先輩方に教えを仰ぎながら乗り切り、仲間とともに最高の高校生活にしたい」と誓いのことばを述べた。

 生徒会長の玉代勢元人君は「八重農は専門分野を極められるとても魅力ある学校。常に目標を持って、さまざまなことにチャレンジしてください」とエールを送った。

 このあと、生徒会による激励会が催され、同校郷土芸能部らが歓迎の踊りを披露した。

 今年も、健康観察シートの提出や入場前の検温など新型コロナウイルス対策を徹底し、規模を縮小して行った。

  • タグ: 入学式3高校八重山特別支援学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム