八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

斎藤君(八商工2年)に沖縄特別賞 「美らスターオーディション2022」

美らスターオーディション2022で自身のオリジナル曲「はじまり」を熱唱する斎藤滉河君=26日、イーアス沖縄豊崎

美らスターオーディション2022で自身のオリジナル曲「はじまり」を熱唱する斎藤滉河君=26日、イーアス沖縄豊崎

美らスターオーディションでサンミュージック沖縄特別賞に輝いた斎藤滉河君=26日、イーアス沖縄豊崎

サンミュージック

 【豊見城】大手芸能事務所サンミュージック主催の「美らスターオーディション2022」の最終審査が26日、イーアス沖縄豊崎であり、八重山商工高校2年の斎藤滉河君(17)=西表島白浜出身=がサンミュージック沖縄特別賞に輝いた。

 同オーディションは沖縄から輝く原石を発掘する目的で初開催された。1月から募集を開始し、県内外から約400人が応募。会場では一~三次審査を勝ち抜いた斎藤君を含む11人が堂々と歌声を披露した。

 歌唱力やパフォーマンス力、人間力などを総合的に審査した。

 5番目に登場した斎藤君は、卒業式に向けて先輩にお礼がしたいと作ったオリジナル曲「はじまり」を熱唱。八商工で過ごした思い出を歌詞に込めた。出場者で唯一、キーボードを演奏しながらの歌唱で注目を集めた。

 審査員からは「一次審査から聞いているが、初のオリジナル曲で一番はまっていた。感動した」などの講評があった。

 結果発表は当初、グランプリと準グランプリのみだったが、出場者のレベルが高く、サンミュージック特別賞とサンミュージック沖縄特別賞が急きょ、創設された。

 終了後、斎藤君は「緊張したが、全力で歌い切って思いを伝えられた」と振り返った。

 中学生のころから楽曲制作を行っているという斎藤君。今後について「アーティストになるのが目標。今回の経験を糧にして、夢をかなえられるように活動を続けていきたい」と意欲を語った。

 審査中は同事務所所属の平川美香さんがゲスト出演し、会場を盛り上げた。

  • タグ: 美らスターオーディション2022サンミュージック斎藤滉河
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム