八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

立候補に2人か 説明会に関係者ら出席

竹富町長選挙の立候補予定者説明会が行われた=25日午前、町役場仮庁舎ホール

竹富町長選挙の立候補予定者説明会が行われた=25日午前、町役場仮庁舎ホール

竹富町長選挙

 4月12日告示、17日投票、翌日開票の竹富町長選挙の立候補予定者説明会が25日午前、町役場仮庁舎ホールで行われた。説明会には、出馬を表明した元町職員の前泊正人氏(44)と、出馬の意向を示す町議会議員の那根操氏(70)の関係者が出席した。2人の予定候補者以外の出席はなかった。

 町選挙管理委員会(委員4人)の仲田和則委員長はあいさつで「事前運動禁止、戸別訪問等禁止。1人の違反者もなく、公選法を順守し、適正に選挙が執り行われるようお願いしたい」と述べた。

 この後、八重山郵便局が選挙運動用通常はがき、八重山警察署が選挙運動用自動車などについて説明。同委員会事務局も立候補届の書類事前審査など、注意事項を報告した。

 今町長選は、前町長が町発注の海底送水管更新工事を巡る汚職事件で逮捕され、辞職したことに伴い実施する。

 町長を2000年から1期務めた那根元氏を実兄にもつ操氏は、出馬表明会見、事務所開きの日程を調整中。事務所は石垣市内に設ける予定。2020年9月から自民党竹富町支部長を務めていたが、那根氏によると今月22日付で自民党に離党届を出した。

 先行して選挙態勢の整備を進めている前泊氏は、26日に石垣市内で事務所開きを行い後援会を発足する。24日の出馬表明会見には、保守系・革新系の町議や、西表島内から保革それぞれの有力者が同席した。

 両氏とも無所属で臨む考え。開票は4月18日午後2時から沖縄銀行八重山支店3階の町議会議場で行う。

  • タグ: 竹富町長選挙前泊正人那根操
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム