八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市民会館駐車場を拡張 面積2倍、6月末完成予定

石垣市は既存の駐車場(右側)に加え、新たに中庭(中央)も駐車場として整備する=21日午前、市民会館大ホール屋上から撮影

石垣市は既存の駐車場(右側)に加え、新たに中庭(中央)も駐車場として整備する=21日午前、市民会館大ホール屋上から撮影

利便性向上を期待 石垣市

 石垣市は市民会館改修整備事業の一環として、同館駐車場を既存の約2倍に拡張する。3月中にも本格的に工事着手し、6月末の完了を目指す。1986年の開館以降、初の拡張工事となる。市は利用者の利便性向上に期待している。

 石垣市は2020年度から、市民開館の大規模改修を実施。ホール内の設備更新やトイレ改修を進め、昨年6月に完了した。総事業費は一般財源で約14億5900万円。このうち約4200万円を駐車場拡張工事に充てる。

 市民会館の既存駐車場は施設南側に50台分(約500平方㍍)あるが、開館当初から拡大を求める声があったという。現在は「演者の車だけで埋まる(市職員)」状況もあり、他施設への無断駐車や路上駐車も横行している。

 今回改築する駐車場は、既存駐車場の北側に隣接する中庭に約50台分を追加整備する計画。駐車場の総面積は1140平方㍍に拡大し、約100台の駐車が可能となる。

 今後のスケジュールとしては、5月中に中庭の新駐車場整備を終えた後、既存駐車場のアスファルトを張り替える。工事期間中、いずれかの駐車場が一般利用できるよう調整する。駐車料金は無料を継続する。

 工事に伴い中庭のリュウキュウマツとデイゴの大木6本や、八重山古典民謡保存会が植樹したクロキ10本は同館敷地内に移植する。大濵安伴生誕百周年記念顕彰碑は市の負担で前庭に移設する。

 市文化振興係の担当者は「この整備で路上駐車の緩和も期待でき、利便性向上が図られる」と話した。

  • タグ: 石垣市民会館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム