八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソン 地元の応援励みに

ぶどうを配ってランナーを励ます下地愛心ちゃんと兄の結大ちゃん=20日午前、バンナ公園西

ぶどうを配ってランナーを励ます下地愛心ちゃんと兄の結大ちゃん=20日午前、バンナ公園西

市民ボランティアも活躍

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年ぶりに開催された第19回石垣島マラソン。フル、ハーフ、10㌔合わせて1477人のランナーが出場し、風光明媚な島内を駆け抜けた。沿道からは、各種目のランナーを見守り、励ます市民の姿が。今年は新型コロナの影響からか、家族や友人同士での応援が多くみられ、団体での応援は控えめだったようだ。

 ハーフの難所、急勾配が続くバンナ公園西側では、下地愛心ちゃん(3)、結大ちゃん(6)兄弟がぶどうや塩ラムネを配り、ランナーを後押し。家族総出で応援に駆け付けた。

 母・愛さんは「家族で盛り上げられたらと思って、昨日からコースを考えて準備した。すごく楽しく応援しています!」と明るくランナーを励ました。

 フル35㌔地点の宮良では、石垣市民吹奏楽団(青木武雄代表)のメンバー8人が、フルートやトランペット、トロンボーンなどで豊かな音色を奏でながらランナーを鼓舞。

 自身もトライアスロンの選手だという青木代表は「ランナーの表情を見ながら、全7曲のレパートリーの中からどれが一番力になるか考えて選曲している。アスリート同士、がんばってほしい」とエールを送った。

 各地点のエイドステーションでは、市民によるボランティアスタッフが、水やコーラ、軽食などを渡し、ランナーを後押し。

 白保では、白保中2年の生徒たちも、ボランティアでごみを回収しながら「がんばってください」と応援した。

 同中の新里皐君(14)は、ランナーの走り去る姿を見て「かっこいいなと思う」と笑顔。「最後までたどり着いてほしい」と願った。荻堂和久君(同)も「頑張っている人を見ると応援したくなる。社会の先生も走っているから、通るのが楽しみ」と胸を躍らせた。

 県外からフルマラソンに参加した30代女性は「地元の応援が励みになって、最後までがんばれた」と力をもらった様子だった。

  • タグ: 石垣島マラソンボランティア
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム