八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中山氏4選 市政継続 砥板氏に2454票差

当選確実の報に「万歳」をして4期目当選を喜ぶ中山義隆氏(中)と支持者ら=27日夜、選対本部

当選確実の報に「万歳」をして4期目当選を喜ぶ中山義隆氏(中)と支持者ら=27日夜、選対本部

初の「保革共闘」破る 石垣市長選

 任期満了に伴う石垣市長選は27日、投開票が行われ、無所属現職の中山義隆氏(54)=自民、公明推薦=が1万4761票を獲得、保革共闘で挑戦した無所属新人で前市議の砥板芳行氏(52)を2454票差で破り、4度目の当選を果たした。投票率は70.54%で前回(73.55%)を3.01㌽下回った。

 選挙戦では3期12年の現市政の継続か刷新かを最大の焦点に激しい論戦が展開された。

 中山氏は、好調な経済をけん引してきた3期12年の実績を強調しながら新型コロナウイルスの影響で2年前から大打撃を受けている地域経済、市民生活を立て直すと主張、「脱コロナ」「景気回復」を前面に掲げた。

 全国でもトップレベルのワクチン接種率をPR、その後の経済復活への道しるべも示し、幅広く支持を集めた。子育て支援策の目玉として掲げた進学祝い支援金制度の創設、東京五輪で注目されたスケボーパークなど新スポーツ施設の整備など新たな政策も目を引いた。

 1期目から続く自公の協力体制を軸に選挙戦を進め、50以上の推薦団体が後押し。組織力を生かして前回(1万3822票)より票を伸ばした。

 一方、砥板氏は市新庁舎の県外産赤瓦使用などを例に「3期目に入って独善的な市政運営が続いている」とチェンジ市政を訴えた。野党市議団と市民団体が前回市長選で保守から出馬した故・砂川利勝氏の支持グループと組んで市長選初の保革共闘を実現したが及ばなかった。

 今市長選では、前勢岳北方で民間企業が計画するゴルフ場付きリゾート開発、平得大俣への陸自配備をめぐる住民投票の対応も問われ、中山氏は「国の専権事項」として自ら住民投票を実施しない考えを示し、ゴルフ場には自然環境に配慮しながら現計画を推進する立場を強調した。

 中山義隆(なかやま・よしたか) 1967年6月26日生まれ。登野城、同出身。近畿大学卒。2004年八重山青年会議所理事長、06年日本青年会議所沖縄地区担当常任理事を経て06年9月市議選初当選。09年11月辞職。10年3月の市長選から3期連続当選。22年2月27日4期目当選。

  • タグ: 石垣市長選中山義隆砥板芳行
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム