八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西大舛町長が辞職願 官製談合疑い逮捕、送検

西大舛髙旬容疑者

西大舛髙旬容疑者

竹富町長選、4月見通し

 竹富町発注の公共工事を巡る官製談合事件で逮捕、送検された町長の西大舛髙旬容疑者(74)が新田長男議長宛てに辞職願を提出したことが25日、分かった。これにより町長選が行われることが確定的となった。4月中に実施される見通しだ。

 新田議長が同日、八重山毎日新聞社の取材に対し24日夕に辞職願を確認したことを明らかにした。公職選挙法第111条によると、議長は首長から退職の申し出を受けた日から5日以内に選挙管理委員会に通知することになっており、新田議長は「週明けの28日に町選管へ通知する」と述べた。

 選挙は、選管が通知を受けた日から50日以内に行う。選挙期日は、4月中旬~下旬を軸に調整が進むとみられる。

 地方自治体の首長任期は4年間。竹富町長の任期は、1964年4月に就任した第6代町長の急逝に伴って実施された町長選以降、同年9月14日から4年後の9月13日までとなっていた。西大舛容疑者が辞職した場合、58年ぶりに任期開始日が変わることになる。

 同事件で西大舛容疑者は13日、2020年度「竹富海底送水管更新工事」の入札前に、非公開の最低制限価格情報を受注業者のJFEエンジニアリング社員らに漏らした官製談合防止法違反などの疑いで県警に逮捕された。 

  • タグ: 官製談合事件竹富町
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム